水害の危険地帯だった「月島・勝どき」が誰しもうらやむ“住みたい街”に大変身した歴史的経緯

「住みたい街」として知られる月島・勝どきエリア。そんな同エリアですが、実はかつて水害の危険地帯だったことをご存じでしょうか。その歴史について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


優れた江戸川区の治水対策

 豪雨による水害は毎年発生します。もちろん、東京も無縁ではありません。とりわけ2019年10月の台風19号にともなう水害は、首都圏各地に大きな被害を及ぼしました。この水害でもっとも注目を集めたのが、区部東部に位置する江戸川区でした。

 江戸川区は2019年5月、ハザードマップを改定して区内の全世帯に配布。その表紙には、同区全域が水に漬かっているイメージ画像が使われました。説明文はさらに過激で、

「区のほとんどが水没」
「より安全な区外へ」

と、その危険性を呼びかけていました。

 なぜ、江戸川区はそこまでの行動に出たのでしょうか? 理由はシンプルです。江戸川区が長らく水害の多発地帯だったから。

 江戸川区は江戸川の河口域に広がるデルタ地帯で、海抜が低く、かねてより洪水が絶えませんでした。1910(明治43)年8月に発生した「明治43年の大水害」や、1947(昭和22)年のカスリーン台風では、区のほとんどが水没しています。そのため、台風19号でも強く警戒が呼びかけられたのです。

 ところが台風が実際にやってきても、江戸川区では目立った被害が出ませんでした。その背景には、明治以降、

・大規模な堤防
・大規模な放水路

を建設して、治水対策を進めていたことがあります。ようやく成果が出た、といえるでしょう。

水害に弱かった月島・勝どき

 さて場所は変わって、中央区の月島・勝どき。このエリアの運河には重厚な水門が設置されていたり、区画を区切る防潮堤が残っていたりします。

勝どきのタワーマンション(画像:写真AC)




 タワーマンションが立ち並び、現在では湾岸の「住みたい街」となっているこのエリアになぜそこまでの対策が必要なのか、疑問に思っている人も少なくないでしょう。しかし、その充実さがあってこその「住みたい街」であることを、多くの人は知りません。

 月島・勝どきは――かつて極めて水害に弱いエリアだったのです。

高潮が危険な理由


この記事の画像をまとめて見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220126_tsuki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220126_tsuki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220126_tsuki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220126_tsuki_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画