コロナ禍で再注目の「アイメイク」 各ブランドの限定アイテムに共通する納得の傾向とは?

マスクが欠かせない新型コロナ禍で、あらためて人気が高まったアイメイク。各ブランドが発表した限定アイテムから、それぞれの特徴を探ります。


コロナ禍で再注目の「アイメイク」

 新型コロナ禍では「メイク事情」も大きく変化しました。

 もともとメイクが好きだった人も「どうせマスクで隠れてしまうから」と工程を簡略化するようになったり、「メイクがマスクに付いてしまう」「蒸れて崩れてしまう」といった新たな悩みを抱えた人も少なくないようです。

コロナ禍で人気が高まったアイメイク(画像:写真AC)

 インターネットリサーチを手掛けるNEXER(豊島区池袋)のアンケートサイト「ボイスノート」の調べによると、コロナ以降にメイクの頻度が「減った」と回答する女性は54.4%と過半数。

 さらに、マスク着用時は「フルメイク」をする人の割合(27.8%)よりも「一部だけメイクする」割合(48.0%)の方が多いという結果になりました。

 一方、パーツ別に見ると、マスク着用時にほどこすのは1位が「眉メイク」(78.6%)、次いで「アイメイク」(74.5%)と、顔の上半分に集中しています。

 アイメイクは、カラー選びによって印象が変わったり一気に華やかになったりする重要なパーツ。コロナ禍を機にあらためて注目度が高まり、ナリス化粧品の調査によればコロナ前後で「アイシャドウ」を最も重要なアイテムだと考える女性は倍増しました。

 今回はそんなアイメイクを中心に、各ブランドがこの冬に発表した、東京都内で購入できる「ホリデーコレクション」の傾向を紹介したいと思います。

各社アイテム、意外な共通点


【画像】注目6ブランドの「今季アイカラー」(計11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211217_eye_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画