【東京出身タレント名鑑】大人女子たち大悶絶ッ 俳優・松田龍平(杉並区)がズルい色気を放つワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、圧倒的な存在感を放つ俳優・松田龍平さんです。


サザンカの咲くまち・杉並区出身

 俳優の故・松田優作さんと、妻で女優の松田美由紀さんの長男である、俳優・松田龍平さん。弟の松田翔太さん、妹のゆう姫さんとともに芸能界で目覚ましい活躍を遂げています。

 独特の雰囲気を持ち、誰にも真似できない存在感を放つ松田さん。演技派俳優としての地位を確立していますが、“顔面国宝”などと呼ばれて持てはやされる、いわゆる正統派イケメンとは一線を画しているという印象です。

 それにも関わらず、そこはかとなく漂う色気は多くの女性を魅了する圧倒的な力があります。

 2021年4月期のフジテレビ系ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』では、本人は意識していないのに女性にモテてしまい、面倒ごとに巻き込まれてしまう優しい二枚目・田中八作役を演じました。

 ユルッとした雰囲気で、自然と女性を巻き込んでいくその姿は「色気がヤバい! ズルい!」と多くの女性視聴者をとりこにしましたが、松田さん独特の色気はどんなところから来ているのでしょうか。

どこか気だるげな切れ長の目!

 細身で身長も183cmと高く、まさにモデル体型ですが、「ズルい色気」と言われるポイントは、なんと言っても”目”ではないでしょうか。

多くの女性ファンをとりこにする俳優・松田龍平さん。永山瑛太さんとの共演した「ファンタ プレミアシリーズ」のCMも話題に(画像:(C)JUNJI HATA、日本コカ・コーラ)

 切長のどこか光のない気だるい雰囲気がある松田さんの目が何とも言えぬ余裕を感じさせ、ミステリアスな色気を感じさせるのでしょう。

 情報サイトexciteニュースやHMV&BOOKオンラインなどの大手サイトによると、1983(昭和58)年5月9日生まれの松田さんは杉並区出身。

 同区は東京都の西側に位置し、一般的に「城西地区」と呼ばれています。面積は34.06平方キロメートル。人口は約57万3000人(20213年8月1日時点)。

 杉並区は区内の緑を「守り、ふやし、育てる」ことを目標に「みどりの条例」を制定(1973年11月1日施行)し、区の木を杉、アケボノスギ、サザンカの3種に決めました。

ミステリアスな魅力は天性のもの


【画像】ドラマ「大豆田とわ子」での松田龍平さん

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210828_ryuhei_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画