お寿司やお弁当のなかに「緑の葉っぱ」みたいのが入っている理由

テイクアウトのすしを買ってくると、必ず中に入っている葉っぱのようなプラスチックフィルム。あれは一体何なのでしょうか。フリーライターの大居候さんが解説します。


シャリに魚をのせるスタイルが誕生した理由

 コロナ禍で、東京ではテイクアウトが大はやりしています。そんななかでも、最も価値を感じるのは、やはり江戸前のにぎりずしではないでしょうか。

 さまざまなすしのなかでも、江戸前のにぎりずしは代表格といえる存在で、そのルーツは江戸時代の屋台にあることは広く知られています。

 また江戸時代は人口の急増した時代で、外食産業のはしりが始まったのは、1657(明暦3)年におきた明暦の大火の後とされています。このとき、復旧工事のために集まった人たちを相手にした「奈良茶屋飯屋」が浅草にできています。この後、江戸の街には気軽に小腹を満たせるファストフード的な屋台が並ぶようになりました。

 江戸の食文化は華やかで、天ぷらやうなぎのかば焼きなどさまざまな店がありました。江戸末期の喜田川守貞による随筆『守貞漫稿』(1837~1853年)には、

・すし屋「毎町1、2戸」
・そば屋「1、2町に1戸」

とあります。

 どちらも現代より数が多く、また、すし屋のほうがそば屋よりも多かったのです。国学者・喜多村信節(のぶよ)の随筆『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』(1830年)によれば、そんな江戸の街で現在知られるような形のにぎりずしが始まったのは、文化文政年間(1804~1830年)のこと。

 このようなすしを初めてつくったのは、深川六間堀町(現在の江東区森下1丁目、常盤1~2丁目、新大橋2~3丁目)の「松の鮨」と、本所両国の「与兵衛鮨」だとされています。それまで江戸で食べられていたすしは、関西で食べられているような押しずしでした。シャリに魚をのせるスタイルが誕生したのは、江戸前の海から魚や貝が豊富に獲れたからです。

仕切りに使われている「緑の葉っぱ」は何か


【調査結果】コロナ禍で上昇したすしネタは「カニ」「大トロ」だった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210724_baran_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画