【2020年中学受験】男女御三家・早慶・MARCH付属校の受験者数は結局増えたのか、減ったのか?

2020年の中学受験――ちまたでは、最難関中学を避ける「手堅い」生徒が増えているといった話もありますが、首都圏の男女御三家や早慶、MARCH付属校の受験者数はどのように推移したのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


私立中学校受験データで意外な真実が判明

 2020年2月1日(土)から始まった東京と神奈川の中学受験も終わりを迎えつつあります。

男子御三家・開成学園の外観(画像:(C)Google)

 私立大学の定員厳格化や大学入学共通テストの導入など、保護者から見ると不透明な情勢が続く中、先手を打とうと有名大学の付属中や系列中への中学受験が人気を集めています。

 ちまたでは、最難関中学を避ける「手堅い」生徒が増えているといった話もありますが、実際はどうなのでしょうか。

 2月1日から始まった首都圏の私立中学校受験に関するデータを見ると、意外な真実が明らかになったのです。

男女御三家の志願者数は増加

 中学受験の世界で男女御三家と呼ばれ、大手進学塾でも合格者数を大々的にアピールするなど注目を集める6校(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の志願者数に大きな変化はあったのでしょうか。

 結論から言うと、麻布の前年比21人減を除き、軒並み増加という結果となりました。

 開成は35人、桜蔭は26人、雙葉は44人、前年よりも出願者が増えました。トップ校に関しては、ワンランク下げずに意志を貫く受験生しか志願していないと考えられます。

 最難関を目指す小学生は、自分が目標とする中学の合格切符をつかみ取るため、高い壁を乗り越えようと日々努力しています。困難な道を突き進む子どもたちには、「手堅く合格するために志望校を下げる」という発想がないのでしょう。

中学受験のイメージ(画像:写真AC)

 私立大学の定員厳格化の影響は、中学受験にまで及んでいます。

 一般入試からの大学入学は狭き門となったため、早稲田や慶応の付属中や系列校にわが子を入学させて大学までの道筋を作ろう――と考える家庭が増えました。

 その結果、両校への出願者数は増加。一方で、MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)系列校への変更をするケースも出ているのでしょうか。

難易度が上がった早慶の付属・系列校


【地図】意外と知らない? 中学受験「男女御三家」がある場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200213_juken_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画