子どもを怒ってばかりで「自己嫌悪」な母親へ送りたい、一通のこころの処方箋

「子どもを怒り過ぎてしまう自分」とは、どのように向き合うべきなのでしょうか。子育て中のアンガーマネジメントについて、自身も3児の母であるライターの宮野茉莉子さんが提言します。


子どもを怒りたくないのに怒ってしまう

 北海道札幌市で2019年6月5日(水)、2歳の女の子が母親らに虐待を受けて死亡するという痛ましい事件が発生しました。また、12日(水)には、新潟県長岡市で、育児に疲れた母親が生後3か月の長女を床に落として殺害するという事件も起きています。

育児は思い通りにいかないことも多い(画像:Pixabay)

 背景はさまざまですが、悲しいことに、親による行き過ぎたしつけや暴力によって子どもが被害を受ける事件が後を絶ちません。

 厚生労働省が2018年8月に発表した「平成29年度 児童相談所での児童虐待相談対応件数」によると、2017年度に18歳未満の子どもが保護者から虐待を受けたとして児童相談所が対応した件数は13万3778件で、東京都は約1割にあたる1万3707件でした。

 日常的な暴力やネグレクトまではいかなくても、ついつい子どもを怒り過ぎてハッと我に返る……というのは、ほとんどの親が経験していることではないでしょうか。

 育児中は不安や焦りにかられることが多く、また子どもの世話は思い通りにいかないことも多いもの。手っ取り早く「怒る」という手段をとり、段々と怒ることに「慣れ」が出てしまうということもあります。

 先日札幌市で2歳の女の子の虐待事件が起こり、新潟県長岡市では「授乳で眠れない」と悩んでいたという母親が3か月の長女を床に落とすという事件が起きたばかりです。子どもを怒り過ぎてしまう自分に悩んだら、どうやって怒りを止めると良いのでしょうか。

「子どもは可愛いのに、気付けば怒ってばかり……」というママも少なくないですよね。小学生から未就園児の3人の子を抱える筆者も、「怒ってしまった」と反省する日々です。

「第二次感情」といわれる怒りの感情。子どもに怒る機会を減らすには、「第一次感情」の解決にヒントがあったのです。

「第一次感情」にフタをするのは理想の母親像


子どもに怒りをぶつける前に…イライラ解消の秘訣は「夫婦の会話」にあった!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190613_okorisugi_02-150x150.jpg

New Article

新着記事