昭和の都電廃止 残された「敷石」はなぜ飛ぶように売れたのか?

路面電車が廃止され、車両や機材の売却が一苦労――。当時残された車両は1068両、レールは延べ77万6000m、敷石は330万枚も。その行方とは? 鉄道ライターの弘中新一さんが解説します。


東京に欠かせなかった路面電車

 路面電車の数え歌である電車唱歌。そのなかに、1905(明治38)年発表の『東京地理教育電車唱歌』があります。同歌の一番の歌詞は

「玉の宮居は丸の内 近き日比谷に集まれる 電車の道は十文字 まず上野へと遊ばんか」

で、計52番まであります。

 発表当時、東京の路面電車は

・東京電車鉄道
・東京市街鉄道
・東京電気鉄道

の三社で運営されていました。翌1906年、三社は合併して東京鉄道に。その後、1911年に東京市電、1943(昭和18)年に東京都の発足で東京都電となりました。

 このとき、路面電車はすでに東京に欠かせない交通手段となっており、それゆえ、常に混雑していました。その状況は、大正中期の流行歌『東京節』で

「東京の名物 満員電車 いつまで待っても 乗れやしねえ 乗るにゃ喧嘩(けんか)腰 いのちがけ」

と、歌われているほど。そんな路面電車も、昭和30年代になると乗客が激減。それに代わって、自動車の増加による交通渋滞が深刻になっていました。

 ターニングポイントは1959年。同年1月に「路面電車を廃止すべきでない」との見解を示していた東京都交通局は、警視庁に対して路面電車の軌道に侵入する自動車の取り締まりを強化するよう要請しています。

 ところが、警視庁は6月に軌道敷内の自動車の乗り入れを決定。都電はこれをきっかけに交通渋滞へ巻き込まれ、定時運行が困難になってしまいました。以降、「路面電車は都市に不要」という世論の高まりを受け、廃止の流れは加速していきました。

1967年12月9日撮影。銀座4丁目交差点を走る都電。銀座線はこの日で廃止に(画像:時事)




 定時運行が困難になれば、当然乗客も激減します。その結果、東京都交通局は1967年1月に財政再建団体の指定を受けることに。そして財政再建のため、同年12月から都電の撤去(廃止)が始まりました。

 こうして都電は1972年までにほとんどが廃止され、専用軌道が多かった早稲田~王子駅前~三ノ輪橋間が残るのみとなったのです(1974年に荒川線に名称決定)。

車両1068両の行方


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220120_sharyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_sharyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_sharyo_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画