なぜ牛丼チェーンは「24時間営業」なの? 知られざる理由は新橋の老舗店にあった!

都内の多くの人が利用する牛丼チェーン店。どの店舗も24時間営業で、牛丼だけでなく納豆定食や焼鮭定食を提供しています。いったいなぜでしょうか。『牛丼の戦前史』などの著書がある、食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


日本初の牛丼チェーン店「なんどき屋」

 便利で安くておいしい牛丼。しかしなぜ、牛丼チェーン店は判で押したように全て24時間営業なのでしょうか? なぜ牛丼チェーン店は、牛丼と関係ない納豆定食や焼鮭定食を朝食として提供しているのでしょうか? そしてなぜ、牛丼には玉ねぎが入っているのでしょうか? われわれが当たり前と思っている24時間営業、朝定食、玉ねぎの採用は、日本初の牛丼チェーン店「なんどき屋」が始めたもの。他の牛丼チェーン店は全て、元祖であるなんどき屋を模倣しているのです。

 業界誌『月刊食堂』1967(昭和42)年11月号の特集記事によると、なんどき屋創業者の名前は塚越正吉。1960年に1号店を開店すると早くも翌年からチェーン店化を開始。特集記事が書かれた時点で既に、新橋を中心に12店舗を展開していました。

 ちなみになんどき屋1号店がある新橋からわずか徒歩二十数分という近距離に存在したのが、築地の吉野家。吉野家がチェーン店化を開始するのは、なんどき屋の8年後である1968年でした。

牛丼のチェーン店化は当時クレイジーだった

 なんどき屋は、日本初の牛丼チェーン店というだけではありません。

 マクドナルドが日本に上陸したのが1971(昭和46)年。日本初のハンバーガーチェーンドムドムバーガーおよびケンタッキーフライドチキンの開店は1970年。つまり日本初の牛丼チェーン店どころか、日本初のファストフードチェーン店がなんどき屋なのです。

中央区銀座にある「なんどき屋」の牛丼店。港区新橋には牛丼も出す居酒屋もある(画像:近代食文化研究会)

『月刊食堂』の特集記事には“食堂のチェーン化を考えている経営者が、思いもつかないような牛めしという商品”と書かれています。1969年2月15日号の『週刊新潮』なんどき屋特集記事によると、“開店当時、そのときは都内に牛めし屋が10軒足らず”でした。

 当時の若者は「ウシ飯ってなあに。おいしいのかしら……」とその名前「ぎゅうめし」すら知らない始末。明治時代に牛内臓肉の煮込みのぶっかけ飯として登場し、一時隆盛した牛丼も、戦後は衰退の一途をたどっていたのです。なんどき屋の存在がなければ、牛丼そのものが忘れ去られ、滅んでいたかもしれません。

 アメリカで成功事例のあるハンバーガー等ならともかく、当時絶滅危惧種であった牛丼という商品でチェーン店を展開するなど、吉野家すら思いつかなかったクレイジーな発想だったのです。

24時間営業はコンビニ登場の14年前から


【画像】「なんどき屋」の牛丼

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210831_gyudon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画