猫と一緒なら新型コロナ禍も明るく楽しく過ごせる?【連載】月刊 猫を読む(3)

猫が好き、読書も好き――そんなあなたのために、猫にまつわるたくさんの本と4名の猫店員がいる書店「キャッツミャウブックス」(世田谷区若林)店主の安村正也さんが、毎回とっておきの本をセレクトしておススメします。


猫もしゃくしも、コロナ一色

 吾輩はビールである。

 人間の体を構成している細胞は、毎日食べている食事が元になっています。そして、その細胞はおよそ半年に1回生まれ変わると言われています。筆者は本屋を開店した日から欠かさず毎晩ビールを飲んでいるので、「吾輩はビールである」と言っても過言ではないでしょう。あるいはビール腹とも言います。

猫本専門書店「キャッツミャウブックス」の猫たちと今回紹介した本(画像:安村正也)

 そんな『吾輩はビールである』(廣済堂出版)は、猫本のタイトルでもあります。食の第一人者である小泉武夫先生が、ビールの歴史からおいしい飲み方までのウンチクを語るこの本。表紙はおもいっきり犬ですが、本家『吾輩は猫である』とビールとの関わり(ネタバレ)を頭に入れて読めば、間違いなく猫本であることが分かります。

新型コロナウイルスと、無関係なふたつの「コロナ」


【画像】「キャッツミャウブックス」の猫たちと今回紹介した本

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/03/200328_nekobook_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_nekobook_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_nekobook_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_nekobook_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200328_nekobook_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画