音楽マニアが殺到 渋谷が「世界一のレコード街」になったワケ

「世界一のレコードの街」として、かつて多くの人が集まった東京・渋谷。その背景について、音楽ライターで、ブラック・ミュージック専門誌「bmr」元編集長の小渕晃さんが解説します。


地理的要因で開発が遅れた渋谷

 2017年に行われた調査で、東京は「世界一レコード店が多い都市」に認定されました(2位ベルリン、3位ロンドン)。なかでも最盛期の渋谷は200を超える店舗が林立、ギネス世界記録にも認定された「世界一のレコードの街」です。

渋谷・宇田川町の老舗レコード店「マンハッタンレコード」(画像:(C)Google)

 私(小渕晃、音楽ライター)もレコード店員として、客として、1990~2000年代には渋谷にほぼ毎日のように通い詰めました。

 新宿でも池袋でもなく、渋谷が世界一のレコード街になった理由はいくつかあります。

 第一に、渋谷は「文化の発信地」になるべくプロデュースされたものだったこと。それゆえ、書店や映画館などとともに、文化・芸術の発信基地となるレコード店が不可欠でした。

 渋谷は名前の通り、駅周辺を谷底とした沼地です。加えて先のオリンピックに合わせ、1964(昭和39)年に返還されるまで、代々木公園(渋谷区代々木神園町)やNHK放送センター(同区区神南)一帯はアメリカ軍の居留地だったこともあり、開発が遅れました。

 しかしそれが、「渋谷を文化の街に」と意気込む青年たちには好都合だったのです。そのひとりが、長くセゾングループのトップを務め、作家・辻井喬としての顔も持つ文化人・堤清二でした。

 すでに演劇、ジャズの街として色を放ち、後にはロックの街として人気を博す新宿や、駅前の再開発が困難だった池袋ではなく、堤が狙いを定めたのは1960年代にはまだ原っぱの残る渋谷でした。

セレクトショップ型レコード店が人気に


【貴重画像】17年前の渋谷のレコードショップ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210605_record_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画