いくつ覚えてる? 東京から消えた「コンビニチェーン」の数々

大手企業の寡占化が進む現在と異なり、かつて都内には大小さまざまなコンビニチェーンが存在していました。その歴史について、ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


マイナーコンビニ、いくつ知ってる?

 いきなりですが、次の屋号はかつて東京都内に出店していたコンビニチェーンです。

・チコマート
・ショップアンドライフ
・アップルマート
・フレンドマート
・タイムズマート
・パンプキン
・ダウンタウン
・パワーコンビニ情熱空間

 あえて店舗数が少なかったマニアックなものを挙げたので、ひとつも知らないという人が多いかもしれませんが、もっとメジャーなチェーンのなかにも、東京から姿を消した例は数多くあります。それらはなぜ、消えてしまったのでしょう?

2000年代以降は大手に集約化

 コンビニチェーンが消えた理由の多くに、業界の再編があります。

コンビニチェーンのイメージ(画像:写真AC)

 電子レンジで温めて提供する冷凍弁当「とれたてキッチン」でおなじみだったam/pmは、1989(平成元)年に日本での出店が始まりました。また1994年には、雪印乳業系のコンビニ・ブルマートを吸収し、勢力を拡大させています。

ところが、am/pmは2010年にファミリーマートに吸収合併され、翌年には日本から完全に消滅しました。

 ココストアは1971(昭和46)年、愛知県内に1号店をオープンさせた古参コンビニです。1993年に都内に進出し、2001年には赤い看板が目印だったコンビニチェーン・HOT SPARを傘下に入れるなど成長を続けていましたが、2015年にファミリーマートに吸収され、街から消えることになります。

 サークルKは東海地区を拠点に1980年より展開され、2000年代には都内でも店舗が目立つようになっていました。一方、サンクスも同じ1980年デビューです。翌年には中野区に都内1号店をオープンさせ、そこから全国規模に拡張していきます。

 サークルKとサンクスの運営会社が合併したのは2004(平成16)年のことです。以後タッグを組んだ両チェーンですが、2016年に事実上ファミリーマートに吸収されることで、ふたつの屋号はなくなりました。

 翻って考えれば、現在のファミリーマートは従来のファミリーマートと、

・am/pm
・ブルマート
・ココストア
・HOT SPAR
・サークルK
・サンクス

などが合体した姿なのです。

ローソンの勢力拡大は多様


【1万人に聞いた】コンビニで昼食を買う人の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210331_convenience_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画