東京で亡くなった漂泊の歌人「石川啄木」の遺骨は、なぜ北海道へと引き渡されたのか?

歌集『一握の砂』『悲しき玩具』で知られる歌人、石川啄木。岩手県に生まれ、26歳のとき東京で生涯を閉じるまで、彼はどのような人生を送ったのでしょうか。ノンフィクション作家の合田一道さんが、ゆかりの地をたどりました。


啄木、最期の地は文京区に

“漂泊の歌人”と言われた石川啄木が東京・小石川区久堅町(ひさかたちょう、現・文京区)の借家で、肺結核のため亡くなったのは1912(明治45)年4月13日。

 妻節子、父一禎、友人の若山牧水らが枕辺でその死を看取りました。享年26。

没後100年を記念して出版された『別冊太陽 石川啄木 漂泊の詩人』(画像:平凡社)

 葬儀は歌人・土岐哀果の厚意により、その実家である浅草松清町(現・台東区西浅草)の等光寺で行われ、約50人が参会しました。ちなみに母カツが亡くなったのが3月7日で、その葬儀もここで営んでいます。

 短期間の間に不幸が相次いだのです。処女歌集『一握の砂』に続く第2歌集『悲しき玩具』が出版されたのは、葬儀から2か月後のことでした。

 啄木の最期の地となった久堅町は、今は文京区小石川5丁目と呼び名が変わりましたが、住居跡地には高齢者施設「珠泉会館」が建っており、1階の一室が「啄木顕彰室」として啄木にまつわる資料が展示されています。

「浅草の夜のにぎわひに」


【画像】啄木の像

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211116_takuboku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画