2020年も進化中 おじさんの飲み物「レモンサワー」が女性と若者を巻き込む大ブームになったワケ

2017年からブームとなり、今や若者からも愛されているレモンサワー。その歴史とブームの背景について、ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんが解説します。


ブームは2017年に到来

 レモンサワーは、いまや料理・飲食シーンには欠かせないドリンクです。今回は、そんなレモンサワーがどのような歴史をたどり、また今後どのようになっていくのかを解説します。

 レモンサワーといえば、これまで中高年を中心に「赤ちょうちん系」の居酒屋で愛飲されている、昔ながらの飲み物でした。

 注目を浴び始めたのは、2017年頃。当時、筆者(有木真理)が上席研究員を務める「ホットペッパーグルメ外食総研」ではそのトレンドの兆しに着目し、調査を行いました。

 その調査結果によると、お酒を飲む人の「4人にひとり」がレモンサワーを好んで飲むと回答。また、今後レモンサワーを飲んでみたいかという問いに、20代の男女が特に高い意向を示していることがわかりました。

 その頃から、レモンサワーは老若男女問わず愛飲されるアルコールドリンクとして、ブームになっていったのです。

流行した三つの理由

 ブームの背景には、シュワシュワして飲みやすい、どんな料理にも合うといった特徴ももちろんありましたが、ここまで広まった理由は次の三つに集約されます。

1.健康・低糖質ブームとの親和性
2.「横丁ブーム」の影響
3.進化系レモンサワーの登場

 では、それぞれ解説していきましょう

レモンサワー(画像:写真AC)

 まずひとつ目は、健康ブーム、低糖質ブームと相まったことです。レモンサワーは基本的に甲類焼酎を使用しているため低糖質。そしてレモンでビタミン補給ができ、ヘルシーです。このことから、お酒は「太りやすい」「健康に悪い」といった従来のイメージを払しょくできたことが要因となりました。

 またふたつ目は、「横丁ブーム」からの影響です。レモンサワーは昭和レトロな横丁で愛飲されており、そこに注目が集まったのです。横丁は40代以上からすれば懐かしい「ノスタルジー消費」を促し、20~30代の若者からすれば、昭和っぽい雰囲気は「非日常」であり、立派なレジャーだったのです。

「進化系レモンサワー」の台頭


【gooランキング調べ】2020年7月時点 「正直一番うまいレモンサワー」ランキングを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200813_lemon_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画