自撮りのルーツ? 90年代のデジカメが作った「気軽な撮影文化」とは

カメラ付きの携帯電話の登場で大きく加速した撮影文化。そんな文化の先鞭をつけたのは1990年代のデジタルカメラでした。フリーライターの本間めい子さんが解説します。


頻繁な写真撮影の始まりはデジカメにあり

 東京の街を歩くと、あちこちで写真が撮られています。携帯電話にカメラが付き、スマートフォンが普及してからというもの、撮る機会は格段に増えました。

 もっとも変化したのは、被写体の「慣れた感」でしょう。40年くらい前の家族写真を探して比べると違いがよくわかります。フィルムカメラ時代は、撮影の機会そのものが少なく、シャッターを押すのも多くても2回か3回。それ以上だと、決まって親から「フィルムを無駄にするな」と言われたものです。

 さて、東京のあちこちで撮影が始まった始まりはデジタルカメラの普及です。デジタルカメラの技術開発は古く、1975(昭和50)年にアメリカのイーストマン・コダック社のスティーブ・サッソンによって発明されました。

デジタルカメラ(画像:写真AC)

 ただ、現在とは方式の異なる電子スチルカメラでした。開発は日本が先行し、1981年にソニーがフロッピーディスクに画像データを記録する「マピカシステム」を開発、以降各社で技術開発が進みます。

 1984年のロサンゼルス五輪では朝日新聞社がマピカシステムを、読売新聞社がキヤノンの「スチルビデオシステムD413」を使用。撮影した写真を即時に送信できるフィルムのいらないカメラが話題となりました。

一般化の裏にあったパソコンブーム


【貴重画像】世界初の液晶画面付きデジタルカメラ「カシオQV-10」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210610_digital_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画