五輪開会式ピクトグラムに「猫タイプ」登場? 実際の猫写真と見比べた2.7万人が思わず「かわいさ金メダル!」

2021年7月27日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されてます。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


新種目「猫ぶらさがり」とは

 テニス女子・大坂なおみ選手による聖火点灯。ゲーム音楽をふんだんに取り入れた入場行進曲。1824台のドローンで会場上空に形作られた地球。歌手MISIAさんの「君が代」斉唱。

 2021年7月23日(金)に行われた東京オリンピック開会式では、数々の見どころがテレビの前の視聴者たちをくぎ付けにしました。

 なかでも“功労賞”の呼び声が高いのが、全50競技をピクトグラムで表現したパフォーマンス。言語を使わず世界に通じる視覚伝達のピクトグラムは、1964(昭和39)年の東京五輪で初めて全面導入された日本発祥の絵文字です。

 開会式以降、独自のアレンジを加えた自作のピクトグラムをSNSなどにアップする人が急増。人気漫画のキャラクターのポーズを模したものや、アイドルを応援するオタクたちの踊り(オタ芸)を再現したものなど、多彩な広がりを見せています。

 そして、ツイッター上でひと際多くの「いいね」が寄せられた投稿のひとつが、飼い猫の独特の仕草をピクトグラムにしたマリムギ成長日記さん(@mariemugi2)のツイートです。

猫ピクトグラム「猫ぶらさがり」。実際の猫の仕草と比べて見ると……(画像:マリムギ成長日記さんのツイート)

「こちら東京2020新種目『猫ぶらさがり』で金メダルを取ったうちの子です!」

というコメントともにアップされた2枚の画像は、自宅のキャットタワーに前脚をかけてぶらさがる猫のムギちゃん(メス、1歳)と、ムギちゃんのポーズをシンプルかつ忠実に再現した紺色のピクトグラム。

「Nekoburasagari(猫ぶらさがり)」と、しっかり“種目名”も表記されています。

猫の五輪があったら……と想像


【画像ギャラリー】猫ピクトグラムと「実際の猫」を見比べる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210727_neko_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画