もう止まらない『鬼滅の刃』旋風! 超国民的アニメとの比較で見えた「ヒットの法則」とは

大人から子どもまで幅広い支持を受ける『鬼滅の刃』。そんな作品の元祖と言えば、やはり『ドラえもん』でしょう。20世紀研究家の星野正子さんが両者の共通性について解説します。


猫もしゃくしも『鬼滅の刃』な現在

 とどまるところを知らない『鬼滅の刃』のブーム。都内で見かける親子連れが何らかの『鬼滅の刃』グッズを持っている光景は、もはや日常と言っても大げさではないでしょう。

 先日、筆者が自宅近くにある幼稚園の前を通ったところ、ちょうどお迎えの時間で、『鬼滅の刃』をほうふつとさせる格子柄の上着を着ている子どもを見かけました。10月のハロウィーンはディズニーキャラよりも『鬼滅の刃』のコスプレの子どもが多いと感じていたのですが、ここまで来るとはいやはや驚きました。

 10月16日(金)に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』も31日間で興行収入は233億円を記録。観客動員数は1750万人を突破し、歴代興行収入ランキング5位にランクインしています。

TVアニメ『鬼滅の刃』(画像:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable、エクシング)

 気になるのは『鬼滅の刃』が一時のブームで終わるのか、長く愛される定番となるのかということ。原作は引き延ばされることなく潔く完結したので、アニメ化しても最後まで盛り上がることは間違いありません。

50年間愛され続ける『ドラえもん』

『アンパンマン』『きかんしゃトーマス』などを始めとして、子どもが好む定番は息の長い作品が多くありますが、もっとも知られているのは『ドラえもん』でしょう。

ドラえもん50周年記念、てんとう虫コミックス「ドラえもん 0巻」(画像:(C)藤子プロ、小学館)

 そんな『ドラえもん』が小学館の学習雑誌で連載を始めたのは、今から約50年前の1969(昭和44)年のこと。その人気たるや、2019年11月に各雑誌に掲載された6種類の第1話をまとめた単行本「0巻」を発行したところ、初版10万部の予定が発売前に2度も重版になったほどです。

単行本人気からテレビ放送再開へ


【600人に聞きました】今年の流行語、『鬼滅の刃』は何位に入る?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_dora_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画