「鉄腕アトム」から「はじめの一歩」まで! 今、都内のマンホールが熱すぎる

都内を普段歩いていて、凝ったデザインのマンホールをよく見かけないでしょうか。その歴史と近年の役割について、文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんが解説します。


明治初期のマンホールは木製

 突然ですが、映画『ローマの休日』で知られる「真実の口」、実はマンホールだったことをご存じでしょうか。

 映画のなかで、新聞記者役のグレゴリー・ペックがオードリー・ヘプバーン演じるアン王女を「真実の口」へ連れて行き、「真実の口」の口に手を入れます。「嘘をついていると手を喰(く)われる」とからかうグレゴリーに、オードリーが驚き、必死で彼の手を引き抜こうとする――。

 そんな「真実の口」はもともと、貴族の家に設置されていたマンホールだったのです。

 なお、最古のマンホールはメソポタミア文明に作られたと言われており、インダス文明の古代遺跡・モヘンジョダロにも下水道が存在していたことが記録されています。

 業界団体の日本グラウンドマンホール工業会(千代田区二番町)によると、明治初期のマンホールは木製の格子のふたで、日本初の下水道は神奈川県の御用掛(ごようがかり)だった三田善太郎が設計しました。

 1881(明治14)年に横浜の居留地に敷設され、1884年から1885年にかけて鋳物製に交代。その最古のものが、神田下水(東京都)にあった「鋳物製格子型」であるといわれています。

 現在の原型となるマンホールは、東京大学の教員で、内務省の技師だった中島鋭治が東京の下水道を設計する際、西欧のマンホールを参考にして作られたのではないかと言われています。これは「東京型」と呼ばれ、全国に広まった一方、名古屋の技師であった茂庭忠次郎が内務省に入ったことから、「名古屋型」も各地に広まりました。

海外で評価され始めた日本のマンホール


【画像】いくつ知ってる? 都内にある「デザインマンホール」の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_08-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_10-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_03-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210514_manhole_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画