人気作品「孤独のグルメ」の主人公・井之頭五郎を支える、揺るぎない「7つのテーゼ」とは

大人気作品「孤独のグルメ」。その主人公・井之頭五郎の真髄は「アウトローなノリ」と指摘するのが、ルポライターで著作家の昼間たかしさんです。そんな昼間さんが同作の歴史とその本質について解説します。


月刊誌に連載 当初は話題にすらならず

 人気シリーズになった松重豊さん主演のテレビドラマ「孤独のグルメ」(テレビ東京系)。2019年10月からはシリーズ第8弾の放映も決まり、ふたたび話題となっています。

2018年4月6からテレビ東京系で放送された「孤独のグルメSeason7」(画像:KADOKAWA)

「孤独のグルメ」は、松重さんが演じる輸入雑貨商の井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、営業先でふらりと立ち寄った店で食事をする様子を描く物語で、久住昌之さんと谷口ジローさんによる同名の漫画作品が原作です。現在の圧倒的な人気とは裏腹に、連載が始まった当初、漫画はまったくといってよいほど話題になっていませんでした。

 1994(平成6)年6月から始まった原作漫画の連載誌は、扶桑社(港区芝浦)が発行していた月刊誌「PANjA」。この雑誌は「SPA!」の2代目編集長だった渡邊直樹さんが編集長を退任後、新たに創刊した雑誌でした。

連載開始は、「PANjA」1994年10月号

「SPA!」は1988(昭和63)年6月に「週刊サンケイ」がリニューアルして誕生した雑誌です。新聞社の発行する週刊誌の硬さを取り払うことを目指していましたが、当初は伸び悩んでいました。

 それを企画やデザインの全面刷新で、若者にウケる雑誌にシフトさせたのが渡邊さん。流行語「オヤジギャル」を生み出した中尊寺ゆつこさんや宅八郎さんなど、多くの人物が脚光を浴びました。

「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」のイメージ(画像:写真AC)

 その勢いで創刊された「PANjA」で「孤独のグルメ」の連載が始まったのは、1994年10月号。最初のエピソードは「東京都台東区山谷のぶた肉いためライス」でした。

人気は「B級グルメのメジャー化」と連動


【アンケート調査】「ひとり飯」に抵抗ない女性は3割も! 孤独を感じないは約8割、いったいなぜ?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190917_kodoku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事