なぜAKB48は「僕」でNiziUは「私」なのか? アイドルソング歌詞に表れる「方向性」の決定的違い

時代を彩るアイドルの歌は、多くの国民に聴かれ、愛されるもの。しかしグループごとで目指す方向性は千差万別です。音楽ライターの村上麗奈さんが、近年の代表的なアイドルたちをそれぞれの歌詞から読み解きます。


秋葉原発のAKB48が日本を席巻した頃

 東京・秋葉原に劇場を構えるAKB48。

 ほかにも名古屋を拠点とするSKE48、大阪のNMB48、福岡のHKT48など、48グループは極めて地域性を押し出した活動を展開し、それぞれ固有のファンを獲得することに成功しました。

 彼女たちの台頭により、2000年代後半以降の秋葉原はよりいっそう「アイドルの聖地」としての色合いを濃くしました。

アイドルの歌詞に表れる「ファンとの距離感」とは? 一人称の違いから読み解いてみよう(画像:写真AC)

 さて、彼女たち48グループの楽曲で使われる一人称の多くが「僕」なのをご存じでしょうか。48グループの公式ライバルとして誕生した坂道グループ、乃木坂46や櫻坂46(旧欅坂46)でも同じように「僕」が用いられることがほとんどです。

 一方、2020年にデビューし人気を博しているガールズグループNiziU(ニジュー)の楽曲での一人称は「私」がほとんどです。また2000(平成12)年前後に一世を風靡(ふうび)し今も活動を続けるモーニング娘。の歌詞も、一人称は「私」が多くなっています。

 このような、ガールズグループの楽曲における人称はどのような意味合いを持つのでしょうか。

 はじめに、48グループ、坂道グループの楽曲で使用されてきた「僕」のいくつかの意味合いを見てみましょう。前述では48グループ、乃木坂46、櫻坂46はいずれも「僕」の頻度が多いと一緒くたに示しました。しかし歌詞をよく見てみると、同じ「僕」でも意味合いが異なることがわかります。

ファン目線で展開するAKB48の歌詞世界


【ランキング】影響力ある女性アーティスト、ただひとりTOP10入りしたアイドルは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210424_idol_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_idol_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_idol_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_idol_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210424_idol_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画