刀剣乱舞ファンならとっくに行ってる? 都内の「ハズせない聖地」4選

人気ゲームとして知られる『刀剣乱舞』。都内にあるその聖地について、今回ご紹介します。


都内で回れる刀剣乱舞ゆかりの場所

『刀剣乱舞-ONLINE-(以下、刀剣乱舞)』は、日本の名刀や名槍の付喪神(つくもがみ。100年を経過した器物に宿る精霊)を収集、育成する人気ゲームです。ゲーム内の付喪神は、人の姿をした「刀剣男士」たちとなっています。

 ゲームリリース以降、ミュージカルや舞台、アニメなど多彩なメディアで物語が繰り広げられ、それぞれの表現の魅力もあいまって現在まで多くのファンを魅了しています。

 刀剣乱舞の楽しみ方のひとつとして、ユーザーに親しまれているのが、男士たちにゆかりのある場所の「聖地巡礼」です。ほかのゲームやアニメの「聖地巡礼」とは異なる点は、日本に実在または伝承されてきた刀剣をモチーフとしていることです。そのため、刀剣が実在して博物館や寺社で所蔵されていたり、持ち主や作り手ゆかりの場所がたくさん残っています。

 そのため、刀剣たちのモデルを実際に見るうれしさを感じたり、さまざまな遍歴を遂げた刀剣に縁のある場所で思いを巡らすこともできます。

 実は、東京都内にも刀剣男士たちのモデルとなった刀剣が所蔵されている場所や、持ち主にゆかりのある場所がいくつも存在しています。

 今回は実際に刀剣が所蔵される場所を中心に、刀剣と、刀剣の持ち主に関連する場所についてご紹介していきます(ただし、刀剣の表記については、通称・俗称で記載しています)。

 なお、刀剣は全国の博物館・美術館の企画展のため所蔵している館から離れていたり、展示期間が限定されたりしてしていることが多くあります。訪れる際はスケジュールをしっかり確認してから行くのがおすすめです。

1.東京国立博物館(台東区)


【画像】都内の「ハズせない聖地」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210907_touken_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画