家庭にも学校にも居場所がなかった……欲しかったのは「無理してしゃべらなくてもいい空間」【連載】東京・居場所さがし(2)

約1400万人もの人が住んでいるのに、ほとんど交わることのない東京は「孤独」を感じやすい街といえるでしょう。たったひとり暮らす大都会で、どうすれば自分の居場所を見つけられるのか。漫画家でイラストレーターのいしいまきさんが「アラフォー・脱ひとりぼっち」の方法を模索します。


「今いる場所」が「自分の居場所」とは限らない

 そもそも居場所ってなんなのでしょうか。これは、1年半前に鹿児島からひとり上京した私(いしいまき。漫画家、イラストレーター)だけでなく、大都会・東京で暮らす多くの人にとって重要なテーマなのではないかと思います。

 私たちの多くは生まれるとまず「家庭」という環境が与えられます。その後、「家庭」と平行しながら自然と「学校」から「職場」というふうに移行し、その身を置きつづけることが多いでしょう。

 ここで勘違いしてはいけないのは、必ずしも「今自分が存在している環境 = 自分の居場所」ではない、ということです。居場所とは、本来の自分でのびのびと過ごせる場所だと思うからです。

 家族と過ごすことが居心地いい場合は「家庭」が居場所になり、友達、先生、会社の仲間と過ごすことが居心地いい場合は「学校」「職場」が居場所になるでしょう。はたまた「部活」「塾」「習い事」などに居場所を見つける人もいるかもしれません。

 このような人生のレールに自然発生的に存在する環境が「居場所」となる人はラッキーです。一概には言えませんがそういった環境は、協調性があり、明るく、コミュニケーション能力がある人に向いた居場所のように思えるからです。それゆえに、世間からはしばしば「ここで居場所を見つけられないなんて普通ではない」かのような風潮、圧を感じることがあります。

家庭にも学校にも「自分の居場所」を見つけられなかった(いしいまきさん制作)

 けれど、幼い頃から家庭になんとなく居心地の悪さを感じたり、学校では閉塞(へいそく)感にさいなまれたり。そして「環境に適応できないとダメな人間なのではないか」と自分を責め、ときに心を病んでしまうことも……。そうした苦い経験をした人は、きっと私だけではないはずだと思います。

 ただ今となって思うのは、居場所は「自分で探し、選ぶもの」だということです。

居場所とは「自分で探し、選ぶもの」


【調査】男性と女性、不安を感じやすいのは? 大手損保会社が調査した結果

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200205_hitori_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画