AKB商法が「J-POPをダメにした」は間違い――音楽ライターが教える、ヒットチャートの正体

数年ほど前から、CD売り上げランキングが世間の人気の実態を反映していないと指摘されるようになりました。一因としてしばしば指摘されるのが、アイドルとの握手券といった特典を付けてCDを販売する、いわゆる「AKB商法」。しかし、チャートの形骸化はそれだけが原因ではないと、音楽ライターの村上麗奈さんは指摘します。


エンタメ中心地・東京の実態

 東京都が毎年発行する「東京の産業と雇用就業」2020年版によると、映画やテレビ番組の制作会社、レコード会社といった音楽産業に携わる企業(別映像・音声・文字情報制作業)などを足し合わせた付加価値額は1.8兆円。東京都には全国の64.3%が集中しています。

 人口比でいえば全国民の11%ほどが暮らしながら、6割超もの付加価値額を独占している東京。日本におけるエンタメ発信地の中心であることは疑いようのない事実です。

CD売り上げチャートの形骸化

 中でも私たち消費者に身近な存在なのが音楽です。日々新譜がリリースされ、時代ごとに大きく変化する音楽の流行。次々と話題作が生まれる状況を可視化する指標として役に立つのが、ランキングです。

 以前はCD売り上げランキングが大きな影響力を持っていました。

 しかしここ20年ほどCDの売り上げは落ち続け、今では「CDチャートは崩壊した」とまで言われています。今日ではCDの売り上げが低迷するとともにストリーミングやダウンロードの利用者が増えたこともあり、ストリーミングなどでの再生数が人気の指標として利用されるようになりました。

 CDランキングが形骸化していると言われ始めたのは2010年代はじめ頃のこと。

 CDに多種多様な特典を付け、同一のCDを何枚も購入することを暗に促しているとも捉えられかねない販売方法が登場したのはご存じの通りです。パッケージのジャケット写真を変え、いくつものバージョンをほぼ同一の収録曲で発売されるケースも増えました。

チャートが意味するものとは


【なぜ?】2020年総合チャート1位はYOASOBI、でもCDシングル1位はAKB48

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210402_music_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画