日本近代化の原動力? 渋沢栄一の「アクティブなメモ魔」という人物特性【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


日本で最も技術革新が進んでいた佐賀藩

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」は、7月11日放送回からフランス・パリへ舞台を移しました。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 渋沢栄一がパリへと派遣されることになったのは、幕府が万国博覧会に出展することになったからです。しかし、パリ万博に出展していたのは幕府だけではありませんでした。作中でも描かれていましたが、パリ万博には幕府とは別に薩摩藩が出展しています。薩摩藩は幕府と肩を並べる大藩のため、フランスから声をかけられたのです。

 また作中には描かれていませんでしたが、佐賀藩もパリ万博に出展していました。江戸時代、日本は鎖国政策で外国との関係を断っていました。その例外が長崎でした。長崎はオランダや中国など諸外国との窓口になるわけですが、幕府から長崎警備の任務を命じられていたのが佐賀藩と筑前(福岡)藩でした。

 長崎警備は財政的に重い負担でしたが、海外との交流によって新しい技術や学問に触れることが可能でした。佐賀藩は、そうした立場を最大限に活用。諸外国からもたらされる新しい文明・文化をまねていきます。佐賀藩は蒸気機関車の模型を試作し、製鉄・造船にも取り組んでいます。

 長崎警備の影響もあり、当時の佐賀藩は日本で最も技術革新が進んでいたのです。また、幕末期の佐賀藩藩主・鍋島直正が科学・技術をはじめ医学・語学など新しい西洋の学問にも関心が高いことが幸いし、佐賀藩の藩士たちも学ぶことに意欲的でした。そうした学問や科学技術に対する姿勢が佐賀藩を躍進させる一因になっていったのです。

 渋沢が派遣された1867年のパリ万博は、幕府・薩摩藩・佐賀藩の3藩が並ぶような形で出展することになりました。4月1日から11月3日まで開催された万博の会場はセーヌ川の練兵場で、広さは南北が約490m、東西が386m。競技場のトラックをほうふつとさせる楕円(だえん)形をしていました。

 作中にはパリの観光名所として名高い凱旋(がいせん)門が描かれていましたが、パリの名所でもあるエッフェル塔はまだ建設されていません。なおエッフェル塔は、1889年に万博会場の跡地に建てられています。

イベント会期中にパリを満喫した渋沢


【事前にチェック】大河ドラマ館がオープンした北区「飛鳥山」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210717_shibu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画