大学と専門学校のいいとこ取り? 令和の即戦力人材を養成する「専門職大学」とは何か

2019年にスタートした専門職大学・専門職短期大学をご存じでしょうか。現在はファッション、IT、医療に特化していますが、実学重視の流れを担う教育を担う存在として注目されています。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


専門職大学とは何か

 2019年4月、大学の新しい歴史がスタートしました。1964(昭和39)年に短期大学が新制されて以降、長きに渡り日本の大学は

・四年制大学
・短期大学

の2体制を維持してきました。そこに新たに加わったのが、

・専門職大学
・専門職短期大学

です。つまり、現在の日本の大学は4体制になっているのです。

国際ファッション専門職大学が入居する、新宿区西新宿の「モード学園コクーンタワー」(画像:(C)Google)

 専門職大学と名前の似ている専門学校は、文部科学省の分類上「専修学校」になり、課程を修了すると専門士の称号が与えられます。一方、専門職大学は課程修了後に学士(専門職)、専門職短期大学は短期大学士(専門職)の肩書がそれぞれ授与されることから、これまでの大学や短期大学と同様と言えます。

 学部学科によって違いはあるものの、一般的な大学は基本的に授業が講義中心で行われます。しかし専門職大学はその教育理念に、専門性が高く社会に出た後に即戦力として活躍できる人材育成を掲げています。

 授業の3分の1以上は企業や病院施設等での研修といった実習形式で、こうした点も一般的な大学とは大きく異なります。また、専攻分野でおおむね5年以上の実務経験者が教員の4割以上を占める規定があり、企業や産業界との連携が強いことがわかります。

 専門職大学・専門職短期大学に関しては、学校教育法第83条の2第108条第4項で以下の通り定められています。

「深く専門の学芸を教授研究し、専門性を求められる職業を担うために必要な実践的かつ応用的な能力を育成・展開させる」

 この一文が示す通り、大学と専門学校の良いところを取った教育機関という性格が強くなっています。

入居するのは新宿のシンボル「コクーンタワー」


【徹底解説】専門職大学とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210904_senmon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画