閉店したサンシャイン60通りの「セガ池袋GiGO」、オープン当時は「陽キャ」な施設だった!

9月20日に閉店したサンシャイン60通りのランドマーク施設「セガ池袋GiGO」。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


オープンは1993年7月

 サンシャイン60通りのランドマークだったアミューズメント施設「セガ池袋GiGO(ギーゴ)」(豊島区東池袋)が9月20日(月)、閉店しました。

豊島区東池袋にあった「セガ池袋GiGO」(画像:(C)Google)



 同店は1993(平成5)年7月、家電量販店「テックサンゴー」の跡地に「池袋GiGO」として開店。オープン当初は地下1階から7階までのフロアを使って、ゲーム機やプリントシール機が所狭しと並ぶお店でした。

 その後もゲーム大手のセガ(品川区西品川)のコラボカフェやたい焼き店が入居するなど、セガのゲームセンターの旗艦店としてだけでなく、全国のゲームセンターのトップに立つ店舗でもありました。

 営業最終日となった20日は三連休の最終日ということもあり、多くのファンが殺到。閉店セレモニーの様子はネットで中継されるとともに、コロナ禍のため、店舗前に人が集まらないように呼びかけられました。

 セガ池袋GiGOは「六本木GIGO」に続く店舗としてオープンしましたが、その当初から、大規模総合アミューズメントビルとして注目を集めていました。

 資料を基に1993年夏ごろの店内を見ると、まず1階には巨大なクレーンゲーム「ドリームパレス」と、巨大レースゲーム機の「バーチャフォーミュラー」が目を引きます。どちらも筐体(きょうたい)の巨大さに驚きますが、後者は機能も最先端。乗り込むと画面の左方向に自分の顔が映し出されます。今では当たり前かもしれませんが、当時は「自分がゲームの世界の中にいる」という没入感が新鮮でした。

 そんなインパクトのある1階を通って、2階に上がるとスポーツゲーム、3~4階はスロットマシン。5階は対人カジノとバー、6~7階はカラオケという構成です。本来主流だったはずのビデオゲームは地下1階に置かれていました。

 とりわけはやっていたのは、5階のカジノでした。既にバブル景気は終わっている時代でしたが毎日3~4万円をかけて遊んでいく人もいました。

「不良のたまり場」からの脱却

 近年、コスプレフロアや乙女系景品をメインにしたフロアなど、オタクの「聖地」である池袋にふさわしい店舗となっていたことを考えると、当時は考えられないくらいに「陽キャ」感のあるフロア構成だったと言えるでしょう。

 当時はこれがウケており、オープン後の1993年8月の売り上げは約2億円、来場者10万人に上りました(『AERA』1993年11月8日号)。

 この背景には、それまで暗く「不良のたまり場」というイメージがあったゲームセンターを「女性客の好むアミューズメント施設」に変えて、デートスポットとする戦略がありました。

「セガ池袋GiGO」の閉店を伝えるセガのウェブサイト(画像:セガ)



 ゲームセンターを展開する各社は当時、

・店内を明るくする
・店内を広くする

といった工夫を凝らし、女性やカップルが利用しやすい店をつくることで、旧来のネガティブなイメージを払しょくしようと努力していました。

 そうした努力の結果、1990年代前半からゲームセンターはデートスポットのひとつとして注目されるようになってきました。そのなかでも「池袋GiGO」は規模と迫力で注目される店舗だったのです。

 セガのゲームセンターの旗艦店となった同店では、さまざまな先進機材の投入も行われ、その都度ニュースになっています。

「プリクラの次に来る」と一時期注目されたオリジナルテレホンカードが40秒でできる「プリホン」の1号機が置かれたのは、同店でした。また「ロスト・ワールド・スペシャル」「ゲットバス」といった新型ゲーム機も、「東京ジョイポリス」(港区台場)の次に置かれるのはここというのが定番の流れでした。

話題を呼んだキャラグッズ専門店

 時代を象徴する機器が設置され、文化の発信拠点ともなってきた同店ですが、そんな文脈で忘れられないものがあります。

 それは1998(平成10)年6月以来、10年にわたって存在した「太正浪漫堂(たいしょうろまんどう)」です。太正浪漫堂は、セガサターン用ソフトとして1996年9月から始まったアドベンチャーゲーム『サクラ大戦』のブームを受けて企画されたキャラクターグッズ専門店でした。

1996年9月に発売されたセガサターンのゲームソフト『サクラ大戦』(画像:セガ)

 当時、多くのファンが「帝国華撃団の誰に萌えるべきか」を語り合っていました。ブームは一般社会にも大きなインパクトを与え、太正浪漫堂は新聞各紙で取り上げられています。

 とりわけビジネス紙の『フジサンケイビジネスアイ』(現在は休刊)は『サクラ大戦』に対して熱く、「太正浪漫堂」のオープンを報じた後も

「プリクラにクリスマスバージョンが登場」(1996年11月4日付)
「李紅蘭 キャラクターグッズ発売」(1999年2月26日付)

など、新サービスが登場するたびに記事を掲載していて、並々ならぬ思い入れを感じます。数あるキャラグッズのなかで李紅蘭(りこうらん)を推しているのは、記者の趣味としか思えません。

次々と閉店する都内のゲームセンター

 そんな思い出深いセガ池袋GiGOの閉店。同店では閉店理由を

「施設の定期建物賃貸借契約の満了および、ビルのリニューアルのため」

としています。

 建物自体が東方グループ(永豊企業)のテックサンゴー時代からのものと考えると建物の老朽化は否めません(なお、当初の同店は東方グループとセガの共同運営でした)。それでも、コロナ禍が閉店の決断に影響を与えたことは間違いないでしょう。

 現在、コロナ禍でゲームセンターは苦境に立たされています。2020年11月には新宿の老舗店「新宿プレイランドカーニバル」が閉店しています。ちなみに同店が「ラスベガス」からリニューアルしたのも1993年でした。また秋葉原の「アドアーズ」や新宿西口の名店「GAME SPOT21」もコロナ禍で閉店に至っています。

在りし日の「GAME SPOT21」。2018年8月撮影(画像:(C)Google)



 スマホゲームなどの台頭で近年は勢いを失っているゲームセンターですが、ゲーマーからライト層まで、さまざまな人が楽しく時間を過ごせる場所としての魅力はいまだ色あせていません。

 ゲームセンターは、都会の片隅になくてはならない「電子オアシス」です。その魅力がコロナ禍で失われてしまわないことを切に願っています。


【2008年撮影】建物がまだ黄色かった頃の「セガ池袋GiGO」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210922_gigo_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画