人気ベーカリー「HOKUO」が今月、全店閉店へ! そこには“出店場所”ゆえの苦悩があった

 新宿や池袋など、首都圏の駅ナカまたは駅近くに39店舗を構える人気の手作りパン専門店「HOKUO」が2022年2月をもって、全店閉店となります。いったい、なぜでしょうか。


「HOKUO」は新宿や池袋でも人気のパン屋

 小田急電鉄は2021年12月、完全子会社の北欧トーキョー(本社:神奈川県)が運営するパン販売店「HOKUO」全39店舗を、2022年2月末に閉店することを発表しました。

 HOKUOは本社のある神奈川県を中心に、東京、埼玉に展開しているベーカリー。都内では、新宿ミロード店(小田急線新宿駅新宿ミロード1階)や池袋西口店(池袋駅西口メトロポリタンホテル前)、エキュート立川店(JR立川駅東改札内)など、 人通りの多い立地の店舗が多いため、買ったことはなくとも、目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

手軽でおいしいことから朝食に人気のパン(画像:写真AC)




 さくさくのメロンパンや創業当時からの定番商品であるハムロール、甘ずっぱいリンゴの風味がたまらないアップルパイなど、お店には常時、約100種類ものおいしそうなパンが並び、特に駅の利用客から好評を博しています。

 そんな人気のベーカリーがなぜ、全店閉店という事態になったのでしょうか。

“北海道のパン屋”が“駅の人気ベーカリー”に

 そもそも、HOKUOを展開する北欧トーキョーは、札幌市のベーカリー「北欧」と小田急グループの合弁会社として創業した会社です。 北欧は、バブル真っただ中の1980年代から1990年ごろにかけて、北欧ブランドを冠したベーカリーを次々と出店。しかし、バブル崩壊で経営が悪化し、ついに経営破綻。事業を大幅に縮小せざるを得なくなってしまいました。

 その後は、北欧の遺志を受け継ぎ、北欧トーキョーが小田急グループの子会社として、HOKUOの店舗網を拡大。自社沿線の駅ナカに限らず、JR東日本や東京メトロの駅、またはそれらが運営する商業施設にも店舗を展開するなど、首都圏の“駅の人気ベーカリー”として親しまれるようになりました。

駅ナカの店舗や改札を出てすぐの店舗は通勤客をはじめ、駅の利用客に人気(画像:写真AC)

 もともとは北海道発のベーカリーであることを知っている人は少ないのではないでしょうか。ちなみに、筆者の北海道出身の友人は「地元で人気だった北欧(HOKUO)を新宿で見つけた!」と大変感激しておりました。

“駅にある”ことがあだとなり…


この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/多種多様でおいしいパンが人気のHOKUO(画像:写真AC)-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/1164_s-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/23169071_s-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/1610764_s-1-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画