今年の年末年始は帰省する?しない? コロナ禍で激変した「おみやげ事情」最前線とは

引き続き警戒が必要な新型コロナ禍。2021年冬、ふるさとへの帰省を迷っている人も少なくないでしょう。帰省の際に欠かせないアイテム「お土産」も、コロナ禍でさまざまな変化を遂げているようです。


変異株が確認、どうなる年末年始

 12月になり、2021年も残すところあと少しになりました。

 この年末年始に帰省を検討している人の割合は53.1%。2020年に帰省した人の割合(21.8%)と比べて増えていることが分かります(※フタバ社が全国の20~50代500人を対象に調査実施、2021年11月30日に発表)。

帰省に欠かせないものと言えば、なんと言ってもお土産(画像:写真AC)

 ただ、11月30日(火)になって新型コロナウイルスの新たな変異株(オミクロン株)が国内でも感染確認されたことなどから、帰省してよいものかと迷っている人も少なくないかもしれません。

 コロナ禍以前、帰省が当たり前だった頃、欠かせないアイテムと言えばご存じ「お土産」でした。特に多くの地方出身者が住まう東京では、東京駅や羽田空港などのターミナル拠点には多彩なアイテムが並んでいます。ただコロナ禍以降、お土産のあり方にも変化が生じているようです。

「土地の産物」から生まれた土産の歴史


【ランキング】コロナ以前の「人気お土産」TOP10

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211203_miyage_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画