リモートワーク時代到来で「東京の価値」は下がらず、むしろ上がるワケ

コロナ禍を通して世の中のさまざまな価値観が大きく変わり始めている現在、東京の価値や存在感は今後どのようになっていくのでしょうか。『みんなで豊かになる』などの著作がある、経営コンサルタントで経済思想家の倉本圭造さんが解説します。


大都市の価値はアフターコロナで上がるのか

 日本ではコロナ禍は収束に向かい、徐々に日常が取り戻されていることに安堵(あんど)の気持ちを持つ人も多いでしょう。

 今回の記事では、以前に比べてリモートワーク的なものが普及し、「必ずしも一か所に人が集まらなくてもいいコロナ後の時代」には、東京のような大都市の価値は上がるのか、それとも下がるのか? という話を考えてみたいと思います。

東京の風景(画像:写真AC)

 結論から言うと、

・東京のような大都市が持つ価値は変わらない。むしろ上がる。
・ただし、「コロナ以前」とは違う価値が求められる。

ということになります。それでは、ひとつずつ説明していきましょう。

決してなくならない「集まることの価値」


【調査結果】リモートワーク人気で注目の「地方移住」、興味ある人はいったい何割いる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200614_values_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画