エレカシからハイロウズまで 吉祥寺「井の頭公園」が多くの歌の舞台となってきたワケ

これまでさまざまな歌の舞台ともなってきた「井の頭公園」。その理由について、ライター・エディターの大石始さんが解説します。


日本で最初の郊外公園

『ろくでなしBLUES』や『グーグーだって猫である』『吉祥寺だけが住みたい街ですか?』など、さまざまな作品の舞台となってきた東京・吉祥寺。この町の象徴でもある井の頭恩賜公園(通称・井の頭公園。武蔵野市、三鷹市)は、1917(大正6)年に日本で最初の郊外公園として開園しました。

 この公園は周辺住民の憩いの場として長年親しまれる一方で、さまざまな歌の舞台ともなってきました。

東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園(画像:写真AC)

 今回は井の頭公園をテーマにした新旧の名曲を紹介しながら、なぜ井の頭公園がそうした歌の舞台になってきたか考えてみたいと思います。

多くの文豪が暮らした吉祥寺

 井の頭公園を題材とする最古の歌と思われるのが、1935(昭和10)年に発表された「井の頭音頭」です。作曲・森義八郎、編曲・服部良一、歌・榎本美佐江。

 作詞を手がけた詩人・童謡作家の野口雨情は、1924年にそれまで暮らしていた西巣鴨から吉祥寺に移り住み、数多くの童謡や新民謡を書き上げることになります。そのなかのひとつが「井の頭音頭」でした。

 当時、雨情は井の頭公園を散歩することを日課としていたそうで、「広い東京の、見晴らし所 ここは公園 井の頭よ/池に浮き草浮いてはいるが、いくら眺めても根は切れぬ」と歌われる「井の頭音頭」は、雨情のそうした日常から生まれ落ちたものでした。

 雑木林が点在する武蔵野の風景を色濃く残していた時代の吉祥寺~三鷹には、多くの文豪が暮らしていました。

 武者小路実篤や山本有三、太宰治など挙げていけばキリがありませんが、三木露風などの童謡作家もこの地に住みながら数多くの作品を残しました。

井の頭公園内にある中田喜直歌碑(画像:(C)Google)

 1955年に作られた童謡「ちいさい秋みつけた」もまた、作曲家の中田喜直(よしなお)が井の頭公園を散策しているときに思い浮かんだとされています。井の頭公園の一角には、そのことを伝える記念歌碑が建てられています。

井の頭公園にまつわる数多くの名曲


【画像】いくつ知ってる? 井の頭公園をテーマにした作品一覧

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210220_ino_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画