東京・武蔵村山にひっそり佇む「四つのミニトンネル」の正体

東京に26ある市のなかで、鉄道が唯一通っていない武蔵村山市。そんな同市には軽便鉄道羽村・山口線の廃線跡があります。地形散歩ライターの内田宗治さんが、その歴史について解説します。


約1kmの間に四つも存在

 東京に26ある市のなかで、鉄道が唯一通っていないのが武蔵村山市です。市内の北部は低い山が連なる多摩丘陵で、その麓にはのどかな里山の光景が広がっています。尾根を越えた先には多摩湖(村山貯水池、東大和市など)と狭山湖(山口貯水池、埼玉県所沢市など)が水をたたえています。武蔵村山市役所から多摩丘陵方面へ7~8分ほど歩くと、「野山北公園自転車道」が道を横切っているのに出会います。

 右手を見ると、小型乗用車がぎりぎり通れそうなほどの狭いトンネルがあり、

「横田トンネル 自転車道」

と書かれています。

横田トンネル(第一号隧道)。ここから四つのトンネルが続く。2021年12月撮影(画像:内田宗治)




 トンネル内へと歩を向けて、この自転車道(徒歩もOK)を進んでみましょう。約1kmの間に100~170m程の長さのトンネルが四つ続き、四つ目の赤坂トンネルを抜けるとあたりは昼も薄暗い林となって自転車道は突然終了。その先、藪のなかの山道を数十m歩くと5番目のトンネル(第五号隧道)の入り口にぶつかり、そこから先は通行止めです。

 横田トンネルまで戻って、逆の方向に進んでみます。緑道が約2.7km続き、こちらも米軍横田基地のすぐ近くまで来た所でぷっつりと途切れています。なんとも不思議な思いにかられる自転車道です。

 始終点が中途半端なこの野山北公園自転車道は、途中の案内板にもあるように、軽便鉄道羽村・山口線の廃線跡です。武蔵村山市内には、かつては鉄道が通じていたわけです。
 この軽便鉄道は、激動の昭和の歴史のなかで、使途が二転三転してきました。現代に至るまで、その経緯を見ていきましょう。

村山貯水池の建設と軽便鉄道の敷設


【画像】「野山北公園自転車道」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220120_tunnnel_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画