サラダvsスモーク コンビニ「さば」製品、記者が実食してみた

2019年4月24日

ライフ
ULM編集部

さば缶ブームのなか、コンビニで手に入るさば製品の充実化・多様化が止まりません。2019年春には、そのままでも食べられるパックに入ったさば製品が登場。販売会社におすすめの食べ方を聞きました。


年々充実する「コンビニのさば加工品」

 年々バリエーション豊かになる、コンビニ飯のラインナップ。近年では、魚商品が充実しており、特にさば加工品の多彩さが目立ちます。

セブンイレブンには、「サラダチキン」ならぬ「サラダフィッシュ さば」が登場した(2019年4月23日、高橋亜矢子撮影)

 コンビニエンスストア大手3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)は、いずれもプライベートブランド(PB)で、さばの「塩焼き」「味噌煮」、さらに「しめさば」を展開しています(一部地域を除く)。大ブームの「さば缶」を見る機会も多いでしょう。

 しかし、それだけではありません。2019年春、コンビニのチルドコーナーには、各社が工夫を凝らした多彩なパックに入ったさば製品が登場しています。

セブン「サラダチキン同様に、新たなマーケットを作りたい」

 ひとつめは、セブンイレブンの「サラダフィッシュ さば」(税込267円)。同製品は「さば」のほか、「まぐろ」「サーモン」の3種類をラインナップ。全種類とも、2019年3月から全国で販売されています(一部地域では2月から)。名前から想像できるとおり「サラダチキン」のそばに陳列されることが多い様子。

「そのまま食べてもおいしいことや、素材本来のおいしさを味わえるよう味付けをシンプルにし、アレンジも可能に仕立てました」とセブン&アイ・ホールディングス(千代田区二番町)の広報担当者は話します。

 3種類のなかで1番人気を誇るのは「さば」。皮目を直火で炙り、蒸し焼きで仕上げ、レモン風味に味付けされたさばは柔らかく、そのままでも、サラダに混ぜても、サンドイッチに挟んでも楽しめます。

 さらに「他に何かおすすめのアレンジ法はありますか?」と聞いたところ、「ムニエルや、グラタンやパスタの具材、ご飯の上に載せて丼ものにするなど、様々なアレンジができます」と担当者。

 そこで、1番気軽に試せそうな「ご飯の上に乗せて丼ものにする」を記者が試してみました。

 「サラダフィッシュ さば」の原材料に目をやると、「レモンジュース」「にんにく」「米酢」「オニオンパウダー」「燻製ブラックペッパー」と書いてあるため、ご飯よりもパンが合うイメージだったのですが、ささっと盛った白米の上にさばをドン!と載せ、食べてみたところ、意外なほど、ご飯と合いました。

 噛むほどにさばの旨味が広がり、ご飯が進みます。ほぐして混ぜご飯にして、おにぎりにするのも良いかもしれません。

「昨今、健康志向の高まりや、豊富な栄養価が認知されてきたことから、魚への関心が非常に高くなるなか、下処理の手間がなく、より手軽に食べられる商品を提供したく開発しました。『サラダチキン』と同様、幅広い層にご利用いただける新たなマーケットをつくりたいと考えます」(セブン&アイ・ホールディングス)

ローソン、ミニストップにある「スモークフッシュさば」とは?


【写真】メーカーに聞いた「パックさば」を美味しく食べる方法は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/04/190423_saba_02-150x150.jpg

New Article

新着記事