いくつ覚えてる? 東京から消えた「牛丼チェーン」の数々

大手企業による市場の寡占化が進む現在と異なり、かつて都内には大小さまざまな牛丼チェーンが存在していました。その歴史について、ライターのミゾロギ・ダイスケさんが解説します。


吉野家、すき家、松屋だけじゃない

 牛丼チェーンの吉野家は、1899(明治32)年に現在の中央区日本橋で創業しています。それから120年以上がたち、都内の繁華街、駅前商店街、幹線道路沿いなどには当たり前のように牛丼店を見かけますが、それらはほぼ四つのチェーンに限定されます。

 言わずもがな、

・すき家(1940店)
・吉野家(1186店)
・松屋(955店)

の3強と、ナンバー4の

・なか卯(464店)

です(なか卯は2021年2月、ほかは2021年5月現在)。

 なか卯はすき家と同系列のため、牛丼業界は実質、3社の寡占状態だといえます。

 しかし、かつては東京の街にもっとさまざまな牛丼のチェーン店がありました。一体どのようなものがあったのでしょうか。皆さん、覚えていますか?

B級感が愛された「牛丼太郎」「牛友チェーン」

 牛肉、玉ねぎに加え豆腐を載せた「牛どん」が特徴で、ほかにも「かつどん」「親子どん」、卵とじの牛丼「開化どん」などメニューが豊富なたつやはかつて、小規模ながらチェーン展開していました。

牛丼のイメージ(画像:写真AC)

 ところが、2000年代に銀座や日本橋、神保町などの店舗が次々に閉店。現在はチェーンではなくなり、新宿に1店のみが「たつ屋」の屋号で残っています。

 牛丼太郎は、低価格で他チェーンとの差異化を図っていました。牛丼の低価格競争が激化した2000年代初頭になんと「牛丼」並が200円、「お新香」は10円という仰天プライスだったことも。

 結果的にそれが経営を苦しめたのか、2013年に運営会社は破産。なお。元牛丼太郎のスタッフが独自に経営する丼太郎(文京区小日向)という牛丼店が地下鉄茗荷谷駅近くに存在します。

 カレーと牛丼の具をダブルでご飯の上に盛るメニューが名物のひとつだった牛友チェーンは、1990年代には都内各地に店舗がありました。しかし、こちらも運営会社が倒産。最後まで残っていた桜台店も2002(平成14)年末に閉店となることで、完全に姿を消しています。

 ただし、現在は大井町に牛八(品川区大井)という牛友チェーンの流れをくむ店があり、同様のメニューを提供しています。

「養老乃瀧」の牛丼は2017年に復活


【1位~43位】すき家の「メニューランキング」 一番うまいのはどれだ?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210629_gyudon_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画