ストロングゼロに「から揚げ専用」が登場 5種のレモンフレーバー商品と相性を比較してみた

2019年10月17日

ライフ
ULM編集部

サントリースピリッツが「-196℃ ストロングゼロ <から揚げ専用塩レモン>」を期間限定で発売すると発表。記者発表会が都内で行われ、同製品とから揚げの相性を試すとともに、同社の他のレモンフレーバー商品との相性も比べてみました。


ストロングゼロの食の象徴は「から揚げ」

 サントリースピリッツが2019年11月26日(火)より、「-196℃ ストロングゼロ <から揚げ専用塩レモン>」を期間限定で発売します。10月15日(火)、その新商品発表会が行われました。

サントリースピリッツから、「-196℃ ストロングゼロ <から揚げ専用塩レモン>」が新発売される(2019年10月15日、宮崎佳代子撮影)

 2018年より加速するレモンサワー人気がRTD商品(そのまま飲める缶やペットボトル入り飲料)の伸張にも影響を及ぼしており、調査会社インテージ(千代田区神田練塀町)によると、2018年8月から2019年7月までのレモンRTD商品の販売容量は前年比121%。サントリースピリッツのレモンRTD商品については、前年比136%と好調です。

「-196℃ ストロングゼロ」は、同社で2009(平成21)年の発売より12年連続過去最高売り上げを更新している人気商品で、11月12日(火)に新たなるレモンRTD商品「-196℃ ストロングゼロ <トリプルレモン>」の期間限定販売を発表しています。そこへきて、さらなる同シリーズレモンRTD新商品は、「から揚げ専用」というユニークなもの。

 その開発目的について、RTD・LS事業部 RTD部課長の井島隆信さんは記者発表で次のように話しました。

「ストロングゼロの食の象徴はから揚げです。から揚げが好きな人は多く、外でも家でも食べられる料理。から揚げと同時に食卓に現れるチューハイの調査をしたところ、他社製品と比較してもストロングゼロが圧倒的に多くなっていました。これは、ストロングゼロとから揚げの相性の良さの証明と思っており、こうした背景から今回、さらにから揚げに合う新商品を開発しました」

 徹底的にから揚げとの相性を追求したという同商品。その味わいは、「レモンまるごとの強レモン感」「後口さっぱりな塩レモン味」「柑橘ポリフェノール配合による後キレのよい味わい」といいます。

 食中酒として楽しむ際に、「から揚げ専用」だと食卓に一緒に上る他の料理との相性も気になるところですが、それについて井上課長は「まずはから揚げと一緒に楽しんでいただきたい商品ですが、他の揚げものとも相性の良い商品です」とコメント。

 さらに「から揚げ専用」という食シーンの限定について、「ビールを中心に飲んでいる人たちで、『チューハイは食事に合わない』とのイメージを持っている人がまだ多くいると思われるなかで、『から揚げ専用』とはっきり謳うことで、ならば一度試してみようかという動きにつながるのではないかとの期待もあります」と語りました。

 記者席に同商品とから揚げが用意され、実際にその相性を試してみました。

5種類のレモンRTD商品とから揚げの相性を比較してみた


【画像】-196度製法の実演(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191015_suntrykaraage_02-150x150.jpg

New Article

新着記事