「街の喫茶店」の減少を、なぜ大手チェーンのせいにしてはいけないのか?

東京商工リサーチ調査結果によると、全国で2019年1~8月累計の「喫茶店」の倒産は年間最多を記録した2011年の70件に迫る勢いだといいます。その背景について、日沖コンサルティング事務所代表の日沖健さんが解説します。


姿を消す街の喫茶店

 東京から失われつつあるものはたくさんありますが、そのひとつが純喫茶、いわゆる街の喫茶店です。繁華街から、住宅地から、街の喫茶店が次々と姿を消しています。

 街の喫茶店が復活することは可能でしょうか。経営コンサルタントの視点で考えてみます。

街の喫茶店のイメージ(画像:写真AC)

 まずは、現状確認を行いましょう。

 東京はおしゃれなカフェが多く、駅前に行けばスターバックスやドトールといったチェーン店をよく見かけます。しかし街の喫茶店は、「さぼうる」(千代田区神田神保町)や「名曲喫茶ライオン」(渋谷区道玄坂)のように観光地化した一部の有名店を除いて、次々と姿を消しています。

 大手信用調査会社の東京商工リサーチ(千代田区大手町)が2019年9月に公表した調査結果によると、全国で2019年1~8月累計の「喫茶店」の倒産は42件と、前年同期の31件と比べて大幅に増えました。このままのペースで推移すると、過去20年で年間最多を記録した2011年の70件に迫る勢いだそうです。

大手チェーン店のせいなのか?

 全日本コーヒー協会(中央区日本橋箱崎町)の統計データによると、喫茶店の全盛期はバブル景気が始まる直前の1981(昭和56)年で、全国に15万4630店ありました。その後は店舗数が減少をつづけ、2016年は6万7198店とピーク時から56.5%減少しています。

喫茶店の事業所数の推移(画像:全日本コーヒー協会のデータを基にULM編集部で作成)

 これらは全国ベースのデータですが、とりわけ東京では他の地域と比べて街の喫茶店は激減していると言われます。

 どうして街の喫茶店は衰退してしまったのでしょうか。

 よく指摘されるのは、大手チェーン店の影響です。街の喫茶店は大手チェーンと比べて経営体力で劣る、そのため家賃の高騰、人件費の高騰、コンビニの100円コーヒーといった環境変化に対応できず、大手チェーンに客を奪われていると言われます。

 しかし、この分析には少し首をかしげます。

地価高騰の影響? コンビニコーヒーの影響?


【昭和レトロ好き、必見】純喫茶のあの味が、おうちで再現できるレシピ集

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190925_saten_05-150x150.jpg

New Article

新着記事