東京の駅ビルが「おしゃれ」に変わったのはいつ頃? 意外過ぎる歴史に驚いた

現在、東京の駅ビルにはおしゃれなイメージがありますが、わずか30年前まで様子は異なっていました。鉄道ライターの弘中新一さんがその道のりを解説します。


おしゃれな駅ビル登場は国分寺から

 東京のターミナル駅の駅ビルはどこも店舗が充実しています。グルメからファッションまで、その時代に合ったテナントが入居しているため、駅から出なくても十分事足りるほどです。駅ビルが本格的におしゃれになったのは、国鉄の分割民営化後、1980年代後半からです。その先鞭(せんべん)をつけたのが、東京都国分寺市にある国分寺駅の国分寺エル(現・セレオ国分寺)でした。

国分寺市南町にある駅ビル「セレオ国分寺」(画像:(C)Google)

 この駅ビルがオープンしたのは、1989(平成元)年3月1日です。JR東日本などが出資し、オープン当時で地下2階、地上9階の売り場面積は計2万平方メートル。オープン当時は、丸井国分寺店をキーテナントに、専門店69店舗と飲食17店舗が入居していました。

注目の背景にあった中央線文化

 中央線沿線の駅ビル建設は、1980年代前半から始まっていました。

 1981(昭和56)年には荻窪駅のルミネ荻窪、1982年には立川駅のWILL(現・ルミネ立川)、1983年には八王子駅のナウ(現・セレオ八王子)がオープン。そうしたなかで、前述の国分寺エルが注目を集めたのは理由がありました。

立川市曙町にある駅ビル「ルミネ立川」(画像:(C)Google)

 国分寺はもともと、吉祥寺・高円寺と並んで「三寺(さんでら)」と呼ばれる中央線文化の中心地でした。

 駅の周りには多くのジャズ喫茶と古本屋。常に若者であふれ返っていました。なかには大学卒業後も就職せずにブラブラしたり、店を開いて住み着いたりする若者もいて、独特の文化が根付いていました。

 世界的なベストセラー作家・村上春樹(1949年生まれ)が作家になる以前、国分寺でジャズ喫茶「ピーター・キャット」を営んでいたことはよく知られています。

新たなスーパーマーケット誕生で人流激変


【画像】「国分寺エル」当時の建物

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/211202_oshare_05-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画