あなたはどちら派? 「出前館」「UberEats」の利用率、男女で真逆なワケ

飲食店側にとっても消費者側にとっても、コロナ禍で一気に利用が拡大したフードメニューのデリバリーサービス。実際に使っている人の割合や注文の方法など最近の状況について、TesTeeトレンド分析担当の橿村芽久未さんが独自のデータを基に読み解きます。


コロナ禍で利用が一気に拡大

 東京はじめ全国の若年層を対象に調査分析を行っている「それ、わたし調査します(それちょう)」(運営・テスティー、中央区日本橋兜町)。そのアンケート結果から、最新のトレンド動向を探る連載。今回のテーマは「フードデリバリー」です。

※ ※ ※

 日本政府は2021年1月7日(木)、新型コロナウイルス対策として2回目となる緊急事態宣言を東京はじめ1都3県を対象に発令しました。期間は2021年2月7日(日)までとしています。

 それに伴い、飲食店の営業時間短縮やテレワークによる出勤の7割減、20時以降の外出自粛、イベントの人数制限などの基本的対処方針が発表されました。

 飲食のコアタイムともいえる夜の営業時間の短縮を受けて各店舗では営業時間の前倒し調整や、新たな販路として「デリバリー」への参入を始めています。

コロナ禍で利用する機会が増えた人も。最近のフードデリバリー事情とは?(画像:写真AC)

 もともとデリバリー(食品の宅配・出前)は店舗側が配達要員を確保し行われていましたが、2016年に日本でサービスを開始した「UberEats(ウーバーイーツ)」を皮切りにデリバリーを店舗の代わりに代行するサービスが普及したことで、店舗側のコストは抑えられ、デリバリーのスタイルにも変化が見られています。

 今回の外出自粛や、飲食店の時間短縮営業を受け、このデリバリー代行サービスは都心部を中心に拡大しています。

代行デリバリー専門の業態も


【調査結果】男女別の「出前館」「UberEats」利用率を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210116_fooddelivery_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画