小伝馬町、茅場町、蛎殻町――中央区に「日本橋」の付いた町名が21も存在するワケ

現在も日本橋かいわいに残される「日本橋」の町名。そこには戦後の区の合併、整理の際に歴史ある地名を残そうと奔走した先人たちの思いが隠されていました。どのようなドラマが生まれたか、ひもといてみましょう。


中央区の生まれた経緯

 日本橋かいわいには

・日本橋小伝馬町
・日本橋茅場町
・日本橋蛎殻町
・日本橋人形町

など、日本橋の名を冠した町名が21も存在します。これらの町名が始まったのは、1947(昭和22)年に日本橋区と京橋区が合併し中央区になったときです。では、いったいどのような経緯で決まったのでしょうか。

日本橋の名を冠した町名が集まるエリア(画像:(C)Google)




 東京都は1946(昭和21)年から、東京35区(麹町区、神田区、日本橋区、京橋区、芝区、麻布区、赤坂区、四谷区、牛込区、淀橋区、小石川区、本郷区、下谷区、浅草区、本所区、向島区、深川区、城東区、品川区、荏原区、目黒区、大森区、蒲田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、滝野川区、王子区、荒川区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区)を合併・整理する計画を始めました。当初は15区案と25区案が議論されましたが、極端な統合を避け

・人口:10~20万人
・面積:10平方キロメートル

を基準として、22区に整理されることとなりました。

合併で「日本橋の地名が消える」

 そんななか、東京都は日本橋区に対して京橋区との合併を打診します。そして京橋区では1947年1月の区会(現在の区議会)で、日本橋区との合併を決議。これを受けて東京都長官(当時)は同月、日本橋区に新区設置と区の財産整理への審議に関する通達を出しました。

 日本橋区民は当時、

「このままでは日本橋の地名が消えてしまうのではないか」

と心配しました。

1932(昭和7)年に発行された地図。日本橋区、京橋区の記載がある(画像:国土地理院)

 以下は、1947年2月27日に行われた、日本橋区会での山崎信一区議の発言です。

「日本橋は徳川時代以前、天正年間から連綿として続いてきた伝統がある。日本橋なる区名は併合によっていずこへ行くのか、私たちは非常に心配しているのであります」

 当時の日本橋区の人口は3万2000人。対して京橋区は7万2000人でした。人口の差から見て、合併後に日本橋区住民の声が区政に反映されにくくなるという危惧は当然でした。

 また山崎区議は合併にあたって、京橋区が現在の豊洲付近にあたる5号地も新区に編入したい意向を示していることも触れています。5号地まで含めた新区がもし誕生すれば、区役所は離れたところに設置され、日本橋が地域の中心から外れることが懸念されていました。ちなみにこの区会では「日本橋が日本の中心」という発言も出ています。

合併が決定 舞い降りてきたアイデア


この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220129_nihon_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220129_nihon_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220129_nihon_03-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画