戦後のJR大森駅西口、廃れゆく「人力車」を最後まで引き続けた男性の生涯とは

華やかできらびやかな街というイメージが強い東京。しかし、大通りから1本路地に入れば、そこには昔懐かしい住宅地が広がり、名も知らぬ人々がそれぞれの人生を生きています。今回紹介するのは、かつて大田区の駅前で人力車を引き続けた男性の生涯についてです。


東京・大田区を走り続けた車夫の生涯

 きらびやかなばかりが東京ではない――。都心のふとした片隅に突如現れる、昭和のまま取り残されたような異空間。そこにもまた名も知らぬ人々が暮らし、大切な今日をただひたむきに生きていました。

※ ※ ※

 東京は大田区、馬込の田代正さん(1978年に80歳で没)は1897(明治30)年生まれ。このあたりに最後まで残っていた車やさん、つまり人力車の車夫でした。

観光客に人気の高い現代の人力車(画像:写真AC)

 人力車というと、今では観光客を相手にした商売で浅草かいわいあたりで見かけるくらいでしょうか。しかしかつては、人々の重要な交通手段として東京だけで何万台と走っていました。

人力車と「円タク」が混在していた時代

 貴重な話をしてくれたのは孫の昭夫さん(仮名)。

 田代さんは、JR京浜東北線の大森駅西口の辺りが“縄張り”で、多忙な頃は田代さんのほかに3台ほどが車夫をしていました。

現代の大森駅(画像:写真AC)

 戦後になると東京の人力車は廃れていきましたが、ここらは空襲でひどくやられて、稼業は何とか続いた状態です。

 1円タクシー(円タク)の方は東口が縄張り。だから円タクに乗りたい客は東口に、人力車に乗りたい客は西口に降りたのでした。

ひいきのお客をたくさん抱えて


【画像】令和の最新スタイル「オンライン人力車」って何?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211125_shafu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画