生き別れの妹に会いたい――東京でひとり願い続けて、突然姿を消した孤独な男性会社員の話

華やかできらびやかな街というイメージが強い東京。しかし、大通りから1本路地に入れば、そこには昔懐かしい住宅地が広がり、名も知らぬ人々がそれぞれの人生を生きています。今回紹介するのは、異国に暮らす生き別れの妹を思う男性の話です。


東京でひとり生きた、ある男性の人生について

 きらびやかなばかりが東京ではない――。都心のふとした片隅に突如現れる、昭和のまま取り残されたような異空間。そこにもまた名も知らぬ人々が暮らし、大切な今日をただひたむきに生きていました。

※ ※ ※

 日本からブラジルへの移民は1908(明治41)年に始まり、その数は25万人以上に上るといいます。

 ブラジルの肥沃(ひよく)な大地と、日本での日雇い労働の2倍も稼げるという話に夢を託し、大きな覚悟で人々は海を渡りました。そして彼らは慣れない赤土との何重もの苦難に立ち向かいます。

 成功する者、失敗する者。幾人もの人生がその地に編まれました。

昭和30年代、9歳のときに家族4人でブラジルへ

 戦後になって、神戸のメリケン波止場から南米などに移住した日本人は約6万3000人。これから紹介するのもそのひとりです。

 ヤマグチさんは昭和30年代、9歳のときに両親と2歳半の妹と家族4人でブラジルへ渡りました。移民船「あるぜんちな丸」でおよそ40日間。長い航海でした。

生き別れになった妹に会いたい――。そう願い、東京でひとり生きた男性の人生について(画像:写真AC)

 しかし父親は交通事故で、母親は病に倒れて相次いで亡くなり、妹と遠い親せきに預けられて育ちます。

 不幸が続いた新天地にいい思い出は少なく、子ども時代、兄妹は生きていくために他人には話せない苦労をいくつも経験したといいます。肩を寄せ合うように幼少期を過ごしました。

異国で成功を収めた者と、収められなかった者


【画像】過酷な運命、ブラジル移民たち(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210507_sister_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画