名シリーズ『男はつらいよ』を思わせる兄妹の人情劇『放蕩一代息子』【連載】東京すたこら落語マップ(4)

落語と聞くと、なんとなく敷居が高いイメージがありませんか? いやいや、そんなことないんです。落語は笑えて、泣けて、感動できる庶民の文化。落語・伝統話芸ライターの櫻庭由紀子さんが江戸にまつわる話を毎回やさしく解説します。


落語のエッセンスが光る山田洋次監督作品

『男はつらいよ』27年ぶりの新シリーズ「おかえり寅さん」が公開されました。テレビシリーズも入れて51年目となる『男はつらいよ』は、渥美清演じる車寅次郎と妹のさくら、そしてシリーズ後半では寅のおいであり、さくらと博の息子である満男が加わった、国民的人情噺(ばなし)です。

 渡世人(とせいにん)で旅暮らしの寅次郎が旅先で出会った女性に恋をして、実家の柴又の「くるまや」の面々を巻き込んだ挙げ句に結局フラれてしまい、傷心を抱いてまた旅に出る……人生の悲哀とおかしさがあふれたお決まりのストーリーは、どこか落語に通じるものがあります。

『男はつらいよ』の車寅次郎とさくらの銅像が立つ、京成金町線の柴又駅(画像:櫻庭由紀子)

 実は、監督の山田洋次さんは大の落語好き。柳家小さんや小三治にいくつかの新作落語を書いており、落語をモチーフにしたテレビドラマも製作しています。

渥美・倍賞演じる、寅さんアナザーストーリー


【地図】寅さん心のふるさと「くるまや」のモデルとなった草団子店

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/20110_tora_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/20110_tora_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/20110_tora_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/20110_tora_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画