【鬼滅のグルメ】炭治郎も食べた? 大正時代の浅草は「串かつ屋台」が並び、「2度漬け禁止」ルールは東京で生まれていた!

9月25日(土)21時から、フジテレビ系列で「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がテレビ初放送されます。これを記念して、『鬼滅の刃』と縁の深い浅草でかつて食されていたB級グルメについて、著書に『串かつの戦前史』がある食文化史研究家の近代食文化研究会さんが解説します。


B級グルメの聖地だった浅草

 人気マンガ『鬼滅の刃』。人間を鬼から守るために作られた「鬼殺隊」に入隊した主人公・竈門炭治郎(かまど たんじろう)は浅草に向かい、そこで鬼たちを支配する敵・鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)に思いがけず出会います。

 その後、炭治郎と妹の禰豆子(ねずこ)は手下の鬼たちと戦い、これを退けますが、次の任務に向かう前に、少しは浅草を楽しむ余裕もあったかもしれません。

現在の串かつ(画像:写真AC)

 1915(大正4)年、1916年の浅草は、子どもの小遣いでも楽しめるB級グルメの聖地でした。例えば、商店に奉公している小僧たちはたまの休みになると路面電車で浅草にでかけ、映画(活動写真)を見たり、安価な食べものを堪能したりしました。

 子どもたちの小遣いでも買えたのが、大衆の街・浅草のB級グルメです。炭治郎も自分と同じ年代の子どもたちがおいしそうに食べているのを見て、ついつい買い食いしてしまった、ということがあったかもしれません。

串かつの本場だった大正時代の浅草

「深川の高橋の通りは、夜店がにぎやかだったですよ。あそこで、子供のとき、初めて洋食ってのを食べた。串かつだよ。二銭だったか、四銭だったか忘れたけど、子供が洋食食べたんです」(『江東ふるさと文庫6 古老が語る江東区のよもやま話』)

 これは炭治郎より少し年下の1903(明治36)年生まれ、岡島啓造さんの思い出話です。

9月25日にテレビ初放送される『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のビジュアル(画像:『鬼滅の刃』公式ツイッターアカウント、(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 串かつというと大阪生まれのように思われがちですが、実は明治時代末から大正時代初めの東京で生まれたものだったのです。

 生まれた頃の串かつは、東京では「フライ」と呼ばれていました。このフライ屋台が多く並んでいた場所が、浅草。

鬼舞辻無惨との巡り合った場所付近に並んでいた串かつ屋台


【画像】『鬼滅の刃』の市場規模を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210924_kushi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画