パソコン普及の起爆剤に 1995年の革命「ウィンドウズ95」の思い出

1995年に社会現象となったパソコンの基本ソフト「ウィンドウズ95」。その当時の熱気について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


「ウィンドウズ95」が発売されてもう25年

「ドス(DOS)が走るって、どこを走っているんだ……」

 そんな会話が交わされていたのは、もう25年も前のことです。

 先日「ウィンドウズ7」のサポートが終了し、まだアップデートをしていない人たちが大わらわになりました。ウィンドウズ7が発売されたのは2009(平成21)年。ついこの間と思っていましたが、時間が流れるのは早いものです。

 ウィンドウズはいわずとしれた、パソコンの「OS」です。しかし、パソコンが一般に普及するきっかけとなった「ウィンドウズ95」が1995(平成7)年に発売された頃は、まだ「OS」という言葉がまったく普及していませんでした。当時は「基本ソフト」という表記が新聞記事などで使われていました。

マイクロソフト社のウィンドウズ95日本語版発売で混雑する「ラオックスコンピューター館」(東京・秋葉原)。1995年11月23日撮影(画像:時事)

 ウィンドウズが世界標準となる流れは、ウィンドウズ95の前身である1990年発売の「ウィンドウズ3.0」と、その後継「ウィンドウズ3.1」によって既に達成されていました。しかしこれをよしとせず、抵抗を試みるパソコンメーカーもありました。

 1995年初頭、すでにウィンドウズ95の発売がアナウンスされている中で、IBMはウィンドウズ95よりも早い3月に「OS/2ワープ」を発表。

 ウィンドウズは既に「世界標準」ともいえるシェアとなっていましたが、まだ評価が高まっていない混乱した時期で、NECと東芝はウィンドウズとワープの両方に対応する機種を発表。富士通やコンパック(現ヒューレット・パッカード)はウィンドウズ対応のみに絞るなど混乱が見られました。

「遊び道具としては高すぎる」という誤解


【調査】まだ「ウィンドウズ10」に更新していない人、いったい何割いる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200221_windows_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画