「20匹以上の子猫が道端に……」 突然のレスキュー要請と男性が流した涙のワケ

保健所や動物愛護センターなどから猫を引き取り、飼育を希望する人に譲渡する活動を続ける「東京キャットガーディアン」(豊島区南大塚)代表・山本葉子さんが、保護活動の一端を紹介するとともに命の重みについて問い掛けます。


ある朝かかってきた、1本の電話

 暖かくなって、桜も咲いて、何かムクムクと生き物の気配が強くなってくる季節。子猫たちをあちこちで見つけてしまう時期でもあります。

 行き場のない猫たちを引き受けて、ケアをして、新しい里親さんへつなぐ「猫のシェルター」を運営している私(山本葉子。東京キャットガーディアン代表)たち。保健所などの行政機関や一般の方からの猫の受け入れを通年行っており、この時期は相談の電話が急増します。

 男性の声で「通勤途中に子猫をたくさん拾ってしまいまして」と電話をいただいたその日は、急に寒さがぶり返していて、外は大人の猫でもつらいだろうと思うような天候。……え? 子猫が……たくさん?!

東京キャットガーディアンが保護した子猫たち(画像:東京キャットガーディアン)

 きょうだいの子猫たちを保護してくださったのかなと聞き返すと「動き回るので正確には数えられないけど、20匹くらい」とのお返事。大変です。

 お互い慌てている時のヒアリングはなかなか思うように進みません。まずは子猫たちの健康状態が一刻を争うようなものかどうかを確認したいのですが、男性は自身で動物を飼ったことがない様子です。私たちの会で引き取る前提で少しずつ会話を進めます。

まず確認しなければならないこと


【画像】里親のもとで大きく成長した元・保護猫の「へそ天」姿

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200401_rescue_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画