いくつ覚えてる? 東京から消えた「タウン情報誌」の数々

都内のお出掛けにはかかせない存在――。90年代に一世を風靡した東京のタウン情報誌の歴史について、ライターの橘真一さんが解説します。


市場拡大のきっかけは『トウキョウ・ウォーカー・ジパング』

 近年の首都圏の書店やコンビニでは、90年代に黄金時代を築いた東京のタウン情報誌(飲食店や街歩きに特化したもの、読者ターゲットの性別を限定したもの除く)を見かけることがなくなりました。

 映画、演劇、コンサート、スポーツイベントなどのスケジュール、店舗やレジャースポットの詳細などを掲載したタウン情報誌は、いつ頃、姿を消したのでしょうか?

 黄金時代の直前、バブル絶頂期の1989(平成元)年末の時点で、東京およびその周辺にフォーカスしたタウン情報誌には次のふたつがありました。

・月刊誌『シティロード』(エコー企画、1971年12月創刊)※当初は『コンサートガイド』
・隔週刊誌『ぴあ』(ぴあ、1972年7月創刊)

 シティロードは、編集者の趣味や主張が感じられる誌面が特徴。ぴあは客観情報の網羅性が高く、1984(昭和59)年以降はチケットの予約販売事業・チケットぴあと連動させた実用性重視の内容でした。

『東京ウォーカー』(画像:KADOKAWA)

 90年代になるとタウン情報誌の市場は大きく拡大します。きっかけとなったのは、1990年3月の『週刊トウキョウ・ウォーカー・ジパング』(角川書店 = 当時)の登場です。創刊約半年後にタイトルを『週刊東京ウォーカー(以下:東京ウォーカー)』と改めた同誌は、映画やコンサートなどのスケジュールのみならず、

・デート
・ディナー
・夜景
・クリスマス
・ゲレンデ
・ベイエリア
・ディスコ

といったワードを表紙に躍らせ、バブル期の若者のニーズを満たす記事も充実させることで一躍人気雑誌となりました。

 同じ頃にぴあが週刊化され、誌名を『Weeklyぴあ(以下:ぴあ)』と変更。やがて同誌の表紙にも、それまで見られなかったデートの文字が登場する現象もありました。

チケットセゾン系列の雑誌が新登場


【画像】2011年の『ぴあ』最終号

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210908_town_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画