ミニ四駆に「第4次ブーム」が到来? コロナ禍ならでは再流行の理由とは

小さな子どもから大人まで、男性を中心に根強いファンを抱える「ミニ四駆」。発売以来39年を迎えた今、あらためてのブームが到来すると、文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナーの中村圭さんは指摘します。背景を解説します。


第4次ブームを象徴する漫画連載

 今、ミニ四駆の第4次ブームが到来すると言われています。

 ミニ四駆は、模型メーカーのタミヤ(静岡市)が販売している動力付き小型自動車プラモデルのこと。1982(昭和57)年に最初のモデルが登場しました。

「1/32 ホーネットJr.」(画像:タミヤ)

 今は1000円前後の価格で本体が販売されており、グレードアップパーツでカスタマイズすることも可能です。

 なぜそのミニ四駆のブームが到来するのか。さまざまな背景はありますが、象徴的な事象として『月刊コロコロコミック』(小学館)でミニ四駆を使ったバトルレース漫画「MINI 4 KING(ミニヨンキング)」(原案:武井宏之、漫画:今田ユウキ)の2021年9月号からの連載開始があります。

 最近まで第3次ミニ四駆ブームと言われていましたが、ミニ四駆は過去に何回もブームを繰り返しています。

 そのブームの拡大を牽引(けんいん)してきたのがミニ四駆をテーマにした漫画やアニメです。

 1980年代後半の第1次ブームのきっかけはレーサーミニ四駆の登場で、高額なRCカーと比較して子どもでも手に入れやすい価格で販売されたことで人気が出ました。

 1987(昭和62)年から月刊コロコロコミックでミニ四駆を題材にした漫画「ダッシュ!四駆郎」が連載を開始。幻のマシン「ホライゾン」を巡るバトルレース漫画で、登場する車種もタミヤから販売されました。

 1989年には同名でアニメ化もされ、小学生を中心に人気が拡大、一大ブームへと発展しました。このようなクロスメディアのプロモーション戦略で第1次ブームは盛り上がりました。

東京など各地で「ミニ四駆ジャパンカップ」


【画像】懐かしの「ミニ四駆」を見る(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211003_mini_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画