東京駅のホームで別れを惜しむカップルたち――JRの知名度アップに貢献した「シンデレラ・エクスプレス」の記憶

かつて、東京駅の新幹線プラットホームで男女が別れを惜しむ光景がよく見られました。「シンデレラ・エクスプレス」と言って思い出す人もいるのではないでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


携帯もネットもなかった時代の遠距離恋愛

 恋人と遠く離れて暮らしている人は現在も少なくありません。とりわけコロナ禍でなかなか会えず、トークアプリや電話だけで寂しさを紛らわせている人は多いことでしょう。ただ、携帯電話もインターネットもなかった時代の遠距離恋愛は、今よりさらに大変だったのです。

 なにしろ通信手段は手紙か電話に限られており、会うどころか連絡を取るのも困難でした。毎日の電話で「おはよう」「おやすみ」を言うのが関の山。それでも盛り上がったカップルもいれば、卒業や転勤を機に別れを選んだカップルも。

 フォークバンドのかぐや姫が歌い、のちにイルカがカバーした『なごり雪』(1975年)のような光景は、ある種、季節の風物詩として存在していました。

最終電車の名は「シンデレラ・エクスプレス」

 まだそんなカップルが主流だった1980年代。

 日曜日の21時を迎える頃、東京駅の14番線ホームはカップルで埋め尽くされていました。新大阪行き最終「ひかり289号」――そこには遠距離恋愛のカップルが週末をふたりで過ごし、再びの別れを惜しみ抱きしめ合う光景があったのです。恋人たちの無数のドラマが交錯する最終列車。誰が呼んだか「シンデレラ・エクスプレス」……。

新幹線のプラットホームで人待ちをするイメージ(画像:写真AC)

「シンデレラ・エクスプレス」の名前には由来があります。それは松任谷由実の同名曲です。

シンデレラ 今 魔法が♪
消えるように列車出てくけど♪
ガラスの靴 片方 彼が持っているの♪

と歌われるこの曲は、1985(昭和60)年にTBS系『日立テレビシティ』で放送されたドキュメンタリー『シンデレラ・エクスプレス 48時間の恋人たち』で使われました。

 番組オリジナル曲として制作されたユーミンの歌はその後、1987年4月の国鉄民営化を前に流れていた暗い空気を払拭(ふっしょく)するようにヒット。

 のちに、わたせせいぞうのマンガ『ハートカクテル』とコラボしたアニメも制作されたり、1986年9月には『東芝日曜劇場』で岩城滉一・荻野目慶子主演のドラマ『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』も放送されたりしています。

「離れ離れ」という愁い


【画像】名曲「シンデレラ・エクスプレス」を収録した松任谷由実のアルバム

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_cinderella_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画