【東京出身タレント名鑑】あざとかわいい新女王・松本まりか(中野区)が「第2の壇蜜」にのし上がる日

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、今ドラマやCMなどで活躍中の女優・松本まりかさんです。


「本当の私、知りたい?」

「ファッションは自由だ。」

 そんなキャッチコピーが印象的なファッションブランド「GU」の新テレビCM。このCMでは中条あやみさん、松本まりかさん、ゆりやんレトリィバァさんら8人が、SNS上に書かれた批判的なコメントをポジティブなメッセージに変えていく姿が描かれています。

 その中で、ドラマ『最高のオバハン』(東海テレビ)に出演中の女優・松本まりかさんは「松本まりか? あざとくない?」というコメントを受け、「本当の私、知りたい?」とキュートな笑顔で一撃。

 その挑発的な視線に松本さんのしなやかさを感じ、同性でありながら虜(とりこ)になってしまいました。

連続ドラマ初主演となるWOWOWオリジナルドラマ『向こうの果て』スタートに併せてオフィシャルブックが発売されるなど、勢いに乗る女優の松本まりかさん(画像:東京ニュース通信社)

 フジテレビが運営するエンタメサイト「フジテレビュー!!」の記事(2020年11月13日配信)によると、松本さんは中野区の出身。都立杉並高校に通っていたことや、杉並・阿佐ヶ谷・荻窪といった街に慣れ親しんで過ごしたという来歴を明かしています。

 1984(昭和59)年9月生まれの36歳。近年“遅咲き”のブレイクを果たした印象がある松本さんですが、女優デビューは15歳の頃。

 スカウトがきっかけで芸能界入りを果たした松本さんは、鈴木杏さんが主演を務めた2000(平成12)年のドラマ『六番目の小夜子』(NHK)に出演します。また同年からティーンズ向けの女性ファッション誌『ピチレモン』(学研)のレギュラーモデルに。その後はドラマや舞台を中心に活動していました。

2018年のドラマで一躍脚光


【画像】本人が「よく遊んだ」地元スポット

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210508_marika_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画