すっかり定番化した「100日後にする」漫画シリーズ 都会の「名もなき個人」を輝かせる絶妙な表現手法とは

2020年10月27日

ライフ
ULM編集部

2020年10月最注目の漫画作品といえば『鬼滅の刃』で間違いないでしょうが、同年上半期の大ヒット作品を覚えていますか? ツイッターなどのSNS上で連載された「100日後に死ぬワニ」。この作品が残していった足跡(そくせき)とは何だったのでしょうか。


Fラン学生の就活から、婚約破棄する男女まで

 2020年10月現在、世間で最も注目を集めている漫画作品といえば『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)と公開中の映画「無限列車編」。

 映画版は、封切りから10日目の10月25日(日)までに興行収入100億円を突破。これは日本歴代最高の興収308億円を記録した『千と千尋の神隠し』(2001年、宮崎駿監督)より15日も早い最速の記録といい、今後どこまで数字を伸ばすか大いに注目を集めています。

 エンタメ業界の「鬼滅」一色ムードは年明けまで続きそうな状況ですが、同じく2020年の上半期にも話題を独占した漫画作品があったことを覚えているでしょうか。

 ツイッターなどSNS上で、毎日19時頃に1話ずつ更新される4コマという斬新なスタイルと衝撃的なタイトルが評判を呼んだ『100日後に死ぬワニ』(きくちゆうき)です。

絵本やぬいぐるみなど数々のグッズが発売されて賛否両論も巻き起こした「100日後に死ぬワニ」(画像:きくちゆうき、あいはらひろゆき、サニーサイド)

 3月20日(金・祝)に配信された最終話「100日目」には209万いいね(2020年10月27日現在)が付き、主人公を表す「ワニくん」という言葉はツイッターのトレンドワード世界一に。わずか3か月余りという連載期間ながら、何気ない日常や死の意味について考えさせられる内容を、多くの人が固唾(かたず)をのんで見守りました。

 ただ、その直後から数々の関連グッズ発売や映画化が伝えられたことで、世間の反応はややトーンダウン。

「怒涛のグッズ展開、商売上手ですね」
「感動に浸っていたのに現実を見せられてしまった」
「結局100日間の壮大なマーケティングに乗せられていただけだったのか」

と、懐疑的な声も聞かれました。

 連載終了から221日後の2020年10月27日(火)現在、同作のツイッター公式アカウントは更新を続けていますが、グッズ発売の情報が中心で今のところ映画化に関する新情報は未着のもよう。この間、新型コロナウイルス感染拡大によって経済活動が制限されたことなども制作進行に影響を及ぼしているのかもしれません。

1.Fラン学生は内定ゲットできるのか


【画像】いろいろ生まれた「100日後」パロディー漫画の例(4枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201027_hundred_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画