『ろくでなしBLUES』四天王の町! 吉祥寺・渋谷・浅草・池袋の観光エリアを漫画でたどる

昭和から平成初期にかけて大人気だった漫画『ろくでなしBLUES』。そのゆかりの地を今回振り返ります。あなたはいくつ覚えていますか?


『ろくでなしBLUES』の舞台

『週刊少年ジャンプ』で1988(昭和63)年から1997(平成9)年まで連載された漫画『ろくでなしBLUES』。その物語は主人公・前田をはじめとした不良の高校生の戦いです。

 学校内のボクシング部と応援団のケンカを持ち前の腕っぷしで治めた前田は、やがて他地域の不良たちに注目される存在となります。前田のおとこ気と内に秘める優しさは、仲間の心をつかんで離しません。

『ろくでなしBLUES』(画像:(C)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社)

『ろくでなしBLUES』のストーリーで屈指の人気を誇るのは何といっても、

・吉祥寺の前田
・渋谷の鬼塚
・浅草の薬師寺
・池袋の葛西

といった「東京四天王編」でしょう。

 都内の主要都市を牛耳る彼らのケンカの腕っぷしはもちろんのこと、そのユニークな性格に魅了された読者も多いのではないでしょうか。

 ということで今回は、それぞれの都市を作中の表現と交えてご紹介します。本作が好きな人も、まだ読んでいない人もこれら四つの都市の魅力を知れば、観光スポットをより楽しめるでしょう。

井の頭公園は聖地

『ろくでなしBLUES』で何度も登場する井の頭公園(武蔵野市御殿山)。前田が四天王の一角・葛西と死闘を繰り広げたのはまさに井の頭公園のステージでした。他にも帝拳高校と池袋正道館高校の不良たちが戦った橋も、この井の頭公園での出来事です。

 井の頭公園の正式名称は「井の頭恩賜公園」で、1917(大正6)年に開園しました。2017年には開園から100周年を迎え、今でも緑豊かな公園として親しまれています。

武蔵野市御殿山にある井の頭公園(画像:写真AC)

 公園中央の池は外周1.5kmほどで、散歩ルートとして人気です。JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」駅からは徒歩5分、京王井の頭線「井の頭公園」駅からは徒歩1分で行けるため、地元の人はもちろん、電車を利用しても訪れやすい公園です。

『ろくでなしBLUES』では不良の抗争の場として描かれていますが、三鷹市立アニメーション美術館(三鷹市下連雀)や、テニスコート、野球場といったスポーツ施設などで充実しています。井の頭公園を訪れた際は『ろくでなしBLUES』の舞台を楽しむとともに、美術館などの施設も利用すると、より吉祥寺の魅了を肌で味わえます。

鬼塚が名をはせた渋谷


【画像】表参道駅に貼られた『ろくでなしBLUES』葛西のポスター

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210914_blues_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画