「泣き止ませる」という発想を捨てれば、ママはギャン泣きの苦痛から解放される

子どもが金切り声で激しく泣く、いわゆる「ギャン泣き」の上手な対応方法について、自身も子育て中のライター・秋山悠紀さんが解説します。


室温や洋服の着脱によってギャン泣きが治まることも

 産後の子育てで大変なことのひとつが、子どもの「ギャン泣き」です。単に機嫌が悪かったり、「ふえんふえん」と泣いたりするのではなく、この世の終わりかのような金切り声で激しく泣かれると、親といえども参ってしまいます。ストレスが次第に溜まり、「イライラの矛先をぶつけてしまうのではないか」と昨今の虐待事件が他人事に思えない精神状態にも陥ってしまうことも。

 ギャン泣きする子どもが何をしても泣き止まないときには、一体どうしたらいいのでしょうか。0~2歳を預かる保育園で勤務経験があり、現在1歳の子どもを育てる筆者が自身の経験からお伝えします。

子どもが「ギャン泣き」しているイメージ(画像:写真AC)

 一般的に子どものギャン泣きがひどいのは、生後半年くらいまでと言われています。彼らのギャン泣きはたいてい、

・お腹が空いた
・眠たい
・眠たいのに眠れない
・オムツが気持ち悪い

などの生理的欲求を訴えているので、まずやることは授乳、オムツ交換、抱っこ。時間はかかっても、抱っこで落ち着いてくれる場合は少なくないでしょう。

 また、これからの季節は「暑いから泣く」ということも増えます。体温が高い子どもは体に熱がこもりやすく、お昼寝後には汗をびっしょりかいていることも多いです。大人にとっては快適な室温でも、子どもにとっては暑いということも十分にあり得えます。扇風機で調整したり、肌着を脱がせたり、汗をタオルで拭いてあげたりすれば、ピタっと止むかもしれません。

 さらに、ベランダに出て新鮮な空気に触れさせたり、お散歩に出かけて外を見せたりするのも効果的です。いずれにせよ、泣いている状況から環境を変えてあげることで、子どもの機嫌が良くなることはよくあります。

効果的なアテレコ遊び


【データで知る】約4割のママが育児疲れを経験! 原因は「自分の時間が確保できない」 子どもがいる人生でよかったと思う瞬間に関する意識調査

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190813_gyan_03-150x150.jpg

New Article

新着記事